ルイーズ・ディアーヌ・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・ディアーヌ・ドルレアン

ルイーズ・ディアーヌ・ドルレアン(Louise Diane d'Orléans, 1716年6月27日 - 1736年9月26日)は、コンティ公ルイ・フランソワ1世の妻。

オルレアン公フィリップ2世と妻フランソワーズの末娘として、パリで生まれた。1731年12月にルイ・フランソワと婚約し、翌年1月にヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂で結婚した。

1734年に長男ルイ・フランソワ・ジョゼフ(のちのコンティ公ルイ・フランソワ2世)を出産した。1736年9月、イッシー(現在のイシー=レ=ムリノーオー=ド=セーヌ県の町)で第2子を死産した後に急死した。遺体はサンタンドレ・デザルク教会に葬られた。