ルイーズ・アルブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイーズ・アルブール

ルイーズ・アルブールLouise Arbour1947年2月10日 - )は、前国際連合人権高等弁務官2004年 - 2008年)、前カナダ最高裁判所裁判官ケベック州モントリオール生まれ。旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷ルワンダ国際戦犯法廷の検察官も歴任した。

国際連合人権高等弁務官在任中にモントリオールLGBT人権国際会議においてオピニオンリーダーとして指導的な役割を果たし2006年7月29日に採択された「LGBT(レスビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の人権に関するモントリオール宣言」の成立に貢献した。さらに世界人権宣言並びに国際人権法を基にLGBT並びに性分化疾患の当事者の人権の完全な保障と絶対的差別禁止を目指して同年11月に国際法律家委員会と前国際連合人権委員会の構成員により議決されたジョグジャカルタ原則成立の発端にも影響を与えた。2008年には国連人権賞を受賞している。2009年7月より人道に関する非政府組織である国際危機グループの議長を務めている。


略歴[編集]

外部リンク[編集]