ルイーザ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルン・ウント・タクシス侯女ルイーザ

ルイーザ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスLuisa Prinzessin von Thurn und Taxis, 1859年6月1日 タクシス城ドイツ語版ディッシンゲン英語版 - 1948年6月20日 ジグマリンゲン英語版)は、ドイツの上級貴族トゥルン・ウント・タクシス侯爵家の公女。全名はルイーザ・マティルデ・ヴィルヘルミーネ・マリー・マクシミリアーネLuisa Mathilde Wilhelmine Marie Maximiliane Prinzessin von Thurn und Taxis[1][2]

トゥルン・ウント・タクシス侯世子マクシミリアン・アントンとその妻でバイエルン公マックス・ヨーゼフの娘であるヘレーネの間の第1子、長女として生まれた。1879年1月21日にレーゲンスブルクにおいて、ホーエンツォレルン侯子フリードリヒと結婚した[1][2]。夫との間に子供は無かった。

脚注[編集]

  1. ^ a b Darryl Lundy (2008年11月22日). “Louisa Mathilde Wilhelmine Prinzessin von Thurn und Taxis”. thePeerage.com. 2008年12月15日閲覧。
  2. ^ a b Paul Theroff. “THURN und TAXIS”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2008年12月15日閲覧。