ルイ・ヴァン・リント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・ヴァン・リント
Louis Van Lint
Louis Van Lint in 1984
生誕 1909年12月25日
ベルギー, ブリュッセル
死去 1986年12月27日
ベルギー, ブリュッセル
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
分野 画家
最終学歴 アカデミー・デ・ボザート・サンジョストンノード(Academie des beaux-arts de Saint-Josse-ten-Noode)
テンプレートを表示

ルイ・ヴァン・リント (Louis Van Lint、1909年12月25日 - 1986年12月27日)は、ベルギー画家である。戦後抽象主義派

略歴.人物[編集]

ルイ・ヴァン・リントはヘンリー・オットバー・ジャック・マース (Henry Ottevaere and Jacques Maes) の元、アカデミー・デ・ボザート・サンジョストンノード (Academy of Saint-Josse-ten-Noode) で1939年まで画法を学ぶ。画法だけでなく彫刻建築も同様に学んだ。

最初の作品は 伝統的なフィギュラティヴ画法の影響と独特な色彩感覚を生かしたものとなっている。 1940年、"La Route Libre"をガストン・ベルトロ (Gaston Bertrand) 、アン・ボネ (Anne Bonnet) らと設立した。 彼の作品は アニミズムの影響を受けたがThe Flayed Body (L'Ecorche,1943) は自由な芸術への願望を表した作品で必然的にアニミズムへの反感を示す物となった。後に形状と色使いの卓越さを象徴した抽象画へと転向していった。 第二次世界大戦後 "The Young Belgian Painters(La Jeune Peinture Belge)"をガストン・ベルトロ (Gaston Bertrand) 、アン・ボネ (Anne Bonnet)、その他らと共同設立した[1]。10年間幾何学抽象画を試み、その後フランス人画家(Bazaine)の影響を受け、情緒的な抽象画を始めた。その後コブラ(CoBrA)グループ展覧会に参加した[2]。1958年、Solomon R.Guggenheim財団は彼に栄誉を与え、1960年 Royal Academy of Belgium の一員となる。1960年代 エルジェ(Hergé)に抽象画法を紹介し、1年間個人レッスンを施した[3]

彼は長年現代画法を代表するベルギ-の画家の1人として挙げられている[4]。また彼の作品は世界各国の展覧会で展示、紹介され、現在はベルギー王立美術館ニューヨーク・グッゲンハイム美術館ニューヨーク・ブルックリン美術館ピッツバーグ ・カーネギー美術館、ブラジル・サンパウロ現代美術館が作品を所有している。

参加展覧会[編集]

  • ベネチア ・ビエンナーレ、 1948。
  • 国際水彩画展覧会 第14回 ビエンナーレ・ブルックリン美術館-ニューヨーク、1948。
  • サンパウロ・ビエンナーレ、1951-1953。
  • カーネギー研究所-ピッツバーグ、 1952。
  • 7人のベルギー人画家-東京、1952.
  • 7人のベルギー人画家-ドクスーパレス-ソウル、1952。
  • 第2回サンパウロ ・ビエンナーレ-現代美術館-サンパウロ、1953。
  • グッゲンハイム美術館-ニューヨーク、1954。
  • L’image de Lille-シャイヨー宮-パリ、1958。
  • カーネギー研究所-ピッツバーグ、1958。
  • ジェームズ・アンソールからのベルギー人画家-ニューヨーク、 1958。
  • 第2回ドクメンタ・ドクメンタ-カッセル、1959。
  • 第5回サンパウロ・ビエンナーレ-現代美術館-サンパウロ、1959。
  • ベルギー美術1920-1960-Parke-Bernet ギャラリー-ニューヨーク、1960。
  • 20人のベルギー人現代美術画家-ブリュッセル-Phlippe Dotremont コレクションより-グッゲンハイム美術館-ニューヨーク、1959。
  • 東京・ビエンナーレ、1961。
  • 第1回米国中西部・ベルギー人画家展覧会-ノートルダム大学美術館-シカゴ、1961。
  • 第1回米国中西部・人画家展覧会-現代美術センターシンシナティ、1962。
  • 第1回米国中西部・ベルギー人画家展覧会-ミネソタ大学美術館、1962。
  • ジェムス・アンソールからポール・デルヴォーまでのベルギーの美術-スミソニアン教会-ワシントン、1962。
  • La Jeune Peinture Belge-マドリッド、1962。
  • 東京・ビエンナーレ、 1965。
  • 国際展覧会-カーネギー研究所-ピッツバーグ、1967。
  • ベルギー美術1945-1970-現代美術-メキシコ、1970。
  • フラミッシュとオステンデ出身のベルギー人画家-ベネチア、1997。
  • コブラから抽象主義まで-The Thomas Neirynckコレクションより-パリ、2006。

参考文献[編集]

  • Léon-Louis Sosset, Louis Van Lint, Sikkel, Antwerps, 1951
  • Philippe Roberts-Jones, Van Lint, the French Community Ministry, Brussels, 1983
  • Serge Goyens de Heusch, Louis Van Lint, Ghent, 2002
  • George Stewart, These Men, My Friends, Caldwell, Idaho : Caxton Printers, 1954, 400 p.
  • Guggenheim international award, Solomon R. Guggenheim Foundation, 1958, 30 p.
  • Gordon Bailey Washburn, The 1958 Pittsburgh International Exhibition of Contemporary Painting and Sculpture, Department of Fine Arts, Carnegie Institute Press, Pittsburgh, 1958
  • Gaston Diehl, The moderns: a treasury of painting throughout the world, Crown Publishers, 1961, 219 p. ISBN 978-5-551-82011-6
  • Marcel Brion, Art since 1945, Washington Square Press, New York, 1962, 336 p.
  • Will Grohmann, Sam Hunter, New art around the world: painting and sculpture, H. N. Abrams, New York, 1966, 509 p.
  • Michel Seuphor, Abstract painting: 50 years of accomplishment, from Kandinsky to the present, Abrams, New York, 1967, 192 p.
  • Phaidon encyclopedia of art and artists, Phaidon, 1978, 764 p. ISBN 978-0-7148-1513-8
  • Harold Osborne, The Oxford companion to twentieth-century art, Oxford University Press, 1981, 656 p. ISBN 978-0-19-866119-1
  • Jean Clarence Lambert, Cobra, Abbeville Press, New York, 1984, 261 p. ISBN 978-0-89659-416-6
  • W. Patrick Atkinson, Theatrical Design in the Twentieth Century: An Index to Photographic Reproductions of Scenic Designs, Greenwood Press, London, 1996, 488 p. ISBN 978-0-313-29701-4
  • Jan Hoet, S.M.A.K. : Museum of Contemporary Art, Ludion, Ghent, 1999, 269 p. ISBN 978-90-5544-247-8
  • Museum of modern art: a selection of works, Royal Museums of Belgium, Brussels 2001, 269 p.
  • Sara Pendergast, Tom Pendergast, Contemporary Artists: A-K, St. James Press, 2002
  • Peter Shield, Graham Birtwistle, Cobra: Copenhagen, Brussels, Amsterdam, Hayward Gallery, London, 2003, 107 p. ISBN 978-1-85332-231-0
  • Paul F. State, Historical dictionary of Brussels, Scarecrow Press, USA, 2004. ISBN 0-8108-5075-3
  • Nathalie Aubert, Pierre-Philippe Fraiture, Patrick McGuinness, From Art Nouveau to Surrealism: Belgian modernity in the making, London, 2007. ISBN 978-t-904350-64-4
  • Michael Farr, The Adventures of Herge, creator of Tintin, Last Gasp, San Francisco, 2007, 127 p. ISBN 978-0-7195-6799-5
  • Leen de Jong, Siska Beele, The Royal Museum of Fine Arts, Antwerp: a history, 1810-2007, Stichting Kunstboek, 2008, 255 p. ISBN 978-90-5856-272-2
  • Pierre Assouline, Charles Ruas, Hergé: The Man Who Created Tintin, Oxford University Press, USA, 2009, 288 p. ISBN 978-0-19-539759-8

注釈[編集]

  1. ^ Will Grohmann, Sam Hunter, New art around the world: 絵画、彫刻, H. N. Abrams, New York, 1966, p. 220
  2. ^ Cobra, Lannoo, Tielt, 2008 ISBN 978-90-209-8222-0
  3. ^ Michael Farr, 漫画『タンタンの冒険旅行』の作者・エルジェの冒険, Last Gasp, サンフランシスコ, 2007, p. 39, ISBN 978-0-867Herge)19-679-5
  4. ^ 1958年ピッツバーグ現代美術国際展覧会 絵画、彫刻部門 カーネギ−研究所

外部リンク[編集]