ルイ・ド・フロマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・ド・フロマン[1](Louis de Froment, 1921年12月5日 - 1994年8月19日)は、フランス出身のオーケストラ指揮者

トゥールーズの生まれ。 地元の音楽院でヴァイオリン、フルートと和声を学んだあと、パリ音楽院でルイ・フレスティエウジェーヌ・ビゴーアンドレ・クリュイタンスの各氏に師事。1948年に卒業後は、ドーヴィルカンヌのカジノのオーケストラの音楽監督を務めていたが、1958年からニースの放送局のオーケストラの指揮者とルクセンブルク放送交響楽団の首席指揮者を務めた。ニースのほうは1959年まで務めたが、ルクセンブルク放送のほうは、1981年にレオポルト・ハーガーにその地位を譲るまで在任した。また、たびたびフランス国立放送管弦楽団に客演していた。

カンヌで死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]