ルイ・デュレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・デュレLouis Durey1888年5月27日 - 1979年7月3日)は、フランスパリ生まれの作曲家。「ペレアスとメリザンド」で音楽に目覚めたとし、サン・リキエに個人教授を受ける。1914年からは作曲を始め、フランス6人組の前身とされる「新しい若者のためのグループ」にて活躍する。モーリス・ラヴェルを尊敬していたためまもなく6人組から離れ独自の道を歩むこととなる。1936年に人民音楽連盟に加入。共産主義の理想と民衆の音楽への愛にあふれる歌曲、合唱曲を数多く作曲。『海の底の春』『カンタータ「長征」』など。

リンク[編集]