ルイ・スゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・スゴン(Louis Segond, 1810年 - 1885年)は、スイス神学者ヘブライ語旧約)およびギリシア語新約)の原著をもとにフランス語版の聖書翻訳を行ったことで知られる。

概説[編集]

ジュネーヴ近郊の町Plainpalaisに生まれる。ジュネーヴストラスブールボンで神学を学んだ後、Chêne-Bourgeriesで国民教会の牧師を務め、1872年には旧約聖書の権威となった。

Vénérable Compagnie des Pasteurs de Genèveの依頼により旧約聖書翻訳を行い、1871年、2冊に分けて発表された。なお、この版は奥付には1874年と記載されている。また、これに続いて1880年には新約聖書の自費出版を行った。

聖書の内容は後世、専門家らによって精査、改良がなされ、現在ではインターネットを通じて1910年の版を自由に閲覧、利用することが可能となっている。

執筆の途中です この項目「ルイ・スゴン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。