ルイ・ジョーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・ジョーダン
}
基本情報
別名 ザ・キング・オブ・ザ・ジュークボックス
出生 1908年7月8日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アーカンソー州
死没 1975年2月4日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
ジャンル ブルースジャズジャンプ・ブルースR&B
職業 歌手、サクソフォーン奏者
担当楽器 アルト・サックス
活動期間 1932年-1974年
レーベル デッカ・レコード
マーキュリー・レコード

{{{Influences}}}

ルイ・ジョーダンLouis Jordan1908年7月8日-1975年2月4日)はアメリカ合衆国歌手サックス奏者。ビッグバンドジャズブルースの要素を合わせ持つ音楽、ジャンプ・ブルースの代表的ミュージシャン。1940年代から1950年代初頭にかけて、多くの曲をヒットさせた。

来歴[編集]

アーカンソー州生まれ。チック・ウェブ楽団で活動し、名を広めていく。なお、ジャズ・ボーカリストエラ・フィッツジェラルドも、ルイと同時期にチック・ウェブ楽団に在籍していた。1938年、エラ・フィッツジェラルドを連れて独立を画策したためにチックに解雇された。同調して楽団を飛び出した仲間と共にルイはElks Rendezvous Bandを結成し、同年デッカ・レコードと契約する。

1942年、「ホワット・ザ・ユース・オブ・ゲッティン・ソバー」を『ビルボード』誌のR&Bチャート1位に送り込む。1944年には、「G.I.ジャイヴ」がR&Bチャートとポップ・チャートの両方で1位を獲得。1945年ビング・クロスビーとのデュエット「マイ・ベイビー・セッド・イエス」がポップ・チャートで14位を記録。1946年には、エラ・フィッツジェラルドとのデュエット「ストーン・デッド・イン・ザ・マーケット」がR&Bチャート1位となり、更に「チュー・チュー・チ・ブギ」が18週連続でR&Bチャート1位を記録。また、やはり1946年にヒットした「エイント・ザット・ジャスト・ライク・ア・ウーマン」は、後のロックンロールに通じるイントロで始まり、チャック・ベリーの楽曲「ジョニー・B.グッド」のヒントになったとも言われる[1]

デッカ・レコードからは18曲をR&Bチャート1位に送り込むが、1952年以降は大ヒットに恵まれず、1954年にデッカを離れる。

その後は、マーキュリー・レコードなど様々なレーベルに録音を残す。1956年に発表した、自分のヒット曲の再演アルバム『サムバディ・アップ・ゼア・ディグス・ミー』は、クインシー・ジョーンズがプロデュースしたことで知られる。(当時の印税契約の問題により)貧窮することの多かった同時代のR&Bアーティストに比べ、ルイは60年代のヨーロッパでの再評価(小規模なツアーを行っている)やフランスのレーベルからのアルバムリリースなど恵まれた晩年を過ごしたといえる。1975年カルフォルニアの邸宅で心臓発作により死去。墓は妻の故郷セントルイスにある。

影響[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ブルースCDガイドブック(小出斉・著、ブルース・インターアクションズ、ISBN 4-938339-21-8)参照

外部リンク[編集]