ルイ・シャルル・ド・ブルボン (1701-1775)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウー伯ルイ・シャルル

ルイ・シャルル・ド・ブルボンLouis Charles de Bourbon, 1701年10月15日 ヴェルサイユ宮殿 - 1775年7月13日 ソー城)は、ブルボン家統治期のフランス王家の一員。ウー伯(Comte d'Eu)、オマール公(Duc d'Aumale)。ルイ14世の庶系の孫にあたる。

ルイ14世とモンテスパン侯爵夫人の間の長男であるメーヌ公爵ルイ・オーギュストと、その妻コンデ公アンリ3世の娘であるルイーズ・ベネディクトの間の息子として生まれた。1736年の父の死後、オマール公爵の称号を受け継ぎ、父の有していた工兵長官(Grand Maître de l'artillerie de France)の職も引き継いだ。1755年に兄のドンブ公ルイ・オーギュストが決闘により落命すると、メーヌ公爵家の家督を継ぎ、兄が務めていたラングドック地方の総督職も引き継いだ。兄と同様にヴェルサイユ宮殿には滅多に姿を見せず、アネ城にひきこもって暮らした。

1762年3月、従甥のフランス王ルイ15世との間で領地の交換に応じ、豊かなドンブ公領を手放してジゾー公爵領、グレ=ザルマンヴィリエールGretz-Armainvilliers)、ポンカレPontcarré)などを入手した。また1773年、ルイ15世の求めに応じてオマール公爵領、ウー伯爵領、アネの所領を12万リーヴルで王家に売却した。生涯独身であり、子供の無かったウー伯は、従弟のパンティエーヴル公爵ルイ・ジャン・マリーを相続人に指名した。