ルイ・エマニュエル・グリューナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・エマニュエル・グリューナー
人物情報
生誕 1809年5月11日
Ittigen
死没 1883年3月26日(満73歳没)
出身校 パリ国立高等鉱業学校
学問
研究分野 地質学金属工学
テンプレートを表示

ルイ・エマニュエル・グリューナー(Louis Emmanuel Gruner、1809年5月11日 - 1883年3月26日)はスイス生まれのフランス地質学者金属工学者である。製鉄技術の分野の研究に貢献した。

ベルン近くの Ittigen に生まれた。学者の家系で、母親の祖父は氷河の研究をしたアルブレヒト・フォン・ハラー(Albrecht von Haller、1708年 - 1777年)がいる。ジュネーヴ大学で学んだ後、パリに出て、パリ国立高等鉱業学校に入学し優秀な成績を収め Corps des Mines に選ばれた。

ドイツなどで学んだ後、当時フランスで最も重要な石炭の産地で製鋼が行われていたサン=テティエンヌに仕事を求めた。ロワール県炭田地質調査を行った。1835年から1847年の間、サン=テティエンヌの高等鉱山学校の化学教授を務めた。次にポワチエ地区の鉱山の技術主任に任じられ、クルーズ県炭鉱の地質調査を行った。

1852年にサン=テティエンヌに戻り、鉱山学校の校長を1958年まで務めた。パリの国立鉱山学校金属工学の教授に任じられ1972年までその職にあった。1897年に引退するまで、フランスの鉱業の分野での要職を務めた。

地質学の分野では主に炭鉱の生成の分野で研究を行い、鉱物学会Annales des minesや、Annales de la Société d'agriculture, sciences et arts de Lyonフランス地質学会de Bulletin de la Société géologique de France論文を発表した。金属学(冶金学)の分野ではコークスの品位の指標を確立し、銑鉄の製造のための炉の寸法と燃料消費などの関係を調べた。

グリュネル閃石 (grunerite) にはグリューナの名がつけられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]