ルイ・アンクタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・アンクタン
Louis Anquetin
自画像(1900年)
生誕 1861年1月26日
フランスの旗 フランス ウール県エトラパニー
死去 1932年8月19日(71歳)
フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
分野 絵画
最終学歴 フェルナン・コルモン画塾
芸術動向 クロワゾニスム
テンプレートを表示

ルイ・アンクタン (Louis Anquetin1861年1月26日1932年8月19日)は、フランス画家

生涯[編集]

フランス東部で生まれ、1882年パリに来て、レオン・ボナのアトリエで学ぶ。そのときにトゥールーズ=ロートレックと出会う。二人は後にフェルナン・コルモンのアトリエに移り、ファン・ゴッホエミール・ベルナールと親交を結んだ。

1887年ごろ、アンクタンとベルナールは平坦な色面と黒く太い輪郭線を特徴とする様式を開発する。批評家エドゥアール・デュジャルダンによってクロワゾニスムと名付けられたこの様式は、ステンドグラス浮世絵にヒントを得たものだった。アンクタンのクロワゾニスム作品としては『クリシー大通り 午後5時』があり、ファン・ゴッホはこの作品に着想を得て夜のカフェテラスを描いたとされる。

のちにアンクタンは同時代の絵画動向に興味を失い、かわりにオールド・マスター(西洋伝統絵画)の方法を採用したため、一般には忘れられた存在となった。『リナルドとアルミダ』など1890年代半ば以降の作品は、とくにルーベンスの影響を強く受けた寓意画である。

作品[編集]