ルイ・アルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・アルマンLouis Armand, 1905年1月17日 - 1971年8月30日)はフランス技術者である。フランス国鉄総裁や欧州原子力共同体初代委員長を務めた。

生涯[編集]

ルイ・アルマンはオート=サヴォワ県クリュセイユ(fr:Cruseilles)で教師の子として生まれた。エコール・ポリテクニークを経てパリ国立高等鉱業学校へ進学した。

1929年には鉱山技師としてクレルモン=フェランに赴任した。このとき、ヴィシー盆地におけるミネラルウォーターの水源調査で業績を挙げた。1934年にはパリ・リヨン・地中海鉄道の技術者となった。同鉄道は1938年に国有化されてフランス国鉄の一部となる。

この時期アルマンは蒸気機関車ボイラー内の配管に石灰が付着するのを防ぐ技術を開発した。これは機関車に給水する水に炭酸ナトリウム水酸化ナトリウムタンニンを加える処置をするもので、ボイラーの保守の負担を大きく軽減したのみならず、機関車の燃費向上にも効果があった。

第二次世界大戦下の1943年には、鉄道職員からなるレジスタンス組織「レジスタンス・フェール(Résistance-fer)」の結成に加わり、ドイツ軍の鉄道輸送を妨害する工作に従事した。1944年6月25日にはゲシュタポに逮捕されるが、パリ解放時に解放された。同年11月18日には解放勲章を受章している。

1945年にはフランス国鉄の車両局長に抜擢され、1951年からは副総裁(directeur général)、1955年から1958年までは総裁(président)を務めた。フランス国鉄のトップとして、アルマンは鉄道の近代化、特に高速化と電化を推進した。1955年3月28日と29日にはボルドー近くで電気機関車による331km/hという当時としては画期的な速度記録を達成した。またドイツから吸収した商用周波数(50Hz)による交流電化技術を実用化し、アルプス地域のアヌシー線での試験の後、1955年5月にはフランス北部のヴァランシエンヌ(fr:Valenciennes) - ティオンヴィル(fr:Thionville)間271kmで本格採用した。それまでフランス国鉄の電化方式は直流1500Vが主であったが、これ以降は交流25kV, 50Hzが主流となった。また1957年には英仏海峡トンネル協会を設立し、トンネル実現に向けた研究を開始した。

1958年から1959年までは欧州原子力共同体初代委員長を務めた。シャルル・ド・ゴール政権下の1960年には、経済学者ジャック・リュフとともにヨーロッパ共同市場を提言するリュフ・アルマン計画を起草した。

1961年には国際鉄道連合(UIC)事務局長に就任し、1971年の死去までその地位にあった。アルマンは世界各国から幹部職員を登用し、それまでフランス中心の組織だったUICを国際的な組織に脱皮させた。

1963年にはアカデミー・フランセーズ会員に列せられている。

外部リンク[編集]

Louis Armand - アカデミー・フランセーズ(フランス語)