ルイビルスラッガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロゴ(Hillerich & Bradsby社)

ルイビルスラッガー (Louisville Slugger)はアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルのスポーツ用品メーカー。

概要[編集]

創業120年以上を誇り、ローリングスと並ぶ老舗野球用品メーカーである。特にバットにおいて力を入れており、かつてのベーブ・ルースをはじめアメリカ野球殿堂入りの野手の80%が同社のバットを使用していたなどメジャーリーグでは圧倒的シェアを占めており、現在においてもデレク・ジーターアレックス・ロドリゲスを筆頭に60%の選手が使用している[1]

日本ではルイビルにSのスペルが入っていることから「ルイビルスラッガー」と呼称、表記される事が多い。ロバート・マックロスキー『ゆかいなホーマーくん』では「ルイスビル強打者」と表記されているが、これは訳者の石井桃子が綴りそのままに翻訳したため。

歴史[編集]

The "Largest Bat in the World"とLouisville Slugger Museum & Factory

1883年、父の木材店で働いていた当時17歳のバド・ヒラリックがピート・ブラウニングのためにバットを作り、ブラウニングがそのバットで3安打したことがきっかけで、そのバットの評判を聞いた選手が多く駆けつけ、依頼が殺到する様になり、ヒラリックは翌年の1884年にルイビルスラッガーを設立した[1]

そして、1923年にはバット市場でトップシェアを得るようになったが、これはベーブ・ルース(当時ニューヨーク・ヤンキース)の功績によるところが大きい。当時はルースが多くのホームランを打ちファンを熱狂させていた時代であり、選手の間でも彼の使っていたバットが注目され、その後多くの選手が同社のバットを使用する様になった[2]

1980年にはその年のリーグの最も打撃の優れた選手たちに送られるシルバースラッガー賞を創設。

創業からこれまでに販売してきたバットの本数は1億本以上と言われている[1]

日本の野球選手との関係[編集]

長嶋茂雄は現役時代、ルイビルのバットを使用していたことがあった[3]1959年天覧試合で2本のホームランを打ったが、この時のバットは試合当日の朝に選んだ、枕元に並べた5本のうちの真ん中のルイビルのものだったという[4]。この当時はアル・シモンズラルフ・カイナーアル・ケーラインといった大リーガーごとのモデル(バットの仕様)が販売されていた。

同社の博物館、入場券売り場付近の壁には、これまで同社と契約した約4,000選手の名前が年代順に掲示されている。その中の日本コーナーでは、前述の長嶋ら22人の名前(1972年まで)があるという[5]。保管室に並んだ約3,000選手のバットのモデルの中には張本勲のバットもあるという。王貞治のバットもあるが本人によると、王モデルを作りたいという依頼によるもので、現役時代は日本製を使っておりルイビルのものはプレーでは使用していないという[5]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 無題ドキュメント
  2. ^ 「ルイビル・スラッガー社」バットの殿堂 (2/3ページ) - SANSPO.COM(サンスポ)、2012.5.8
  3. ^ 3.これぞ長嶋流~バットへのこだわり(野球) - スポニチ、2008年1月7日
  4. ^ 読売新聞2014年4月23日19面 歴史を変えた長嶋茂雄のホームラン(本人インタビュー)
  5. ^ a b 「ルイビル・スラッガー社」バットの殿堂 (3/3ページ) - SANSPO.COM(サンスポ)、2012.5.8

外部リンク[編集]