ルイス・フェルナンド・デ・オルレアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・フェルナンド・マリア・サカリアス・デ・オルレアンス・イ・ボルボンLuis Fernando María Zacarias de Orleans y Borbón, 1888年11月5日 マドリード - 1945年6月20日 パリ)は、スペインの王族、スペイン王子(Infante de España)

生涯[編集]

スペイン王子・ガリエラ公アントニオと、スペイン王女エウラリアの間に第2子、次男として生まれた。父はオルレアン家フランスルイ・フィリップの孫、母はスペイン女王イサベル2世の末娘で、両親は従姉弟同士だった。洗礼名に含まれる「サカリアス(Zacarias)」は、誕生日の11月5日聖ザカリア聖名祝日だったために加えられた。1899年より兄アルフォンソと一緒にイングランドに留学し、1904年までイエズス会の経営するボーモント・カレッジで学んだ[1]

1924年10月、違法薬物の輸入に関わったとされ、滞在していたフランスからスペインに強制送還される[2]。これに伴い、従兄の国王アルフォンソ13世はルイスのスペイン王族としての称号および特権を剥奪した。フランスにもスペインにも居場所の無いルイスは、ポルトガルリスボンに移住した。1926年3月、女装してスペイン・ポルトガル国境を越えようとして逮捕された[3]。このときの所持品の中には密輸品が含まれていたが、薬物は所持していなかった。1935年2月、ルイスは風俗取締捜査の際に再びフランスで逮捕され、同国から一時的に追い出されている[4]

1929年、アメリカ人舞台女優メイベル・ギルマン・コーリー(Mabelle Gilman Corey)と婚約したが[5]、結婚は実現しなかった。

1930年7月、アメデ・ド・ブロイ公子(アルベール・ド・ブロイ公爵の三男)の未亡人で、ショーモン城の女城主であったマリー・セイ(Marie Say)と婚約した[6][7]。マリーはルイスより31歳年上で、婚約当時72歳の老婦人であり、醜聞として取り沙汰された。2人はマリーの家族の反対を押し切り、同年9月30日にロンドンの戸籍登記所で民事婚[8]、同年10月4日にサンレーモのサン・シーロ聖堂で宗教婚を挙げた[9]。夫妻は結婚後、ルイスが母から相続したサンレーモの屋敷で暮らした[10]。妻とは1943年に死別した[11]。ルイスは晩年をパリの養護老人施設で過ごし、1945年に亡くなった[12]。遺骸はパリ市内の教会の墓地に葬られた。

脚注[編集]

  1. ^ Bernardo Rodríguez Caparrini, "A Catholic Public School in the Making", Paedagogica Historica 39 (December 2003): 743.
  2. ^ "A Spanish Prince’s Bad Conduct", The Times (October 11, 1924): 9; "Alfonso Strips Prince Louis of Rights of Infante of Spain", The New York Times (October 11, 1924): 17; "Expelled", Time (October 20, 1924).
  3. ^ "Seize Spanish Prince Disguised as Woman", The New York Times (March 26, 1926): 6.
  4. ^ "France Ousts a Prince", The New York Times (February 17, 1935): 8.
  5. ^ "Louis Ferdinand of Royal Family", The New York Times (June 23, 1945): 13.
  6. ^ "Princess Who Wed at 73 of Long Line", The New York Times (September 28, 1930): N5
  7. ^ 実業家・経済学者ジャン=バティスト・セイの弟ルイ・オーギュスト・セイ(Louis Auguste Say)の孫娘。
  8. ^ "Princess, 73, Weds Prince, 41, in London", The New York Times (September 20, 1930): 11.
  9. ^ "Princess, 73, Weds Prince, 41, in London", The New York Times (September 20, 1930): 11.
  10. ^ "Princess, 73, Weds Prince, 41, in London", The New York Times (September 20, 1930): 11.
  11. ^ "Marie, Bourbon-Orleans", The New York Times (July 18, 1943): 34.
  12. ^ "Louis Ferdinand of Royal Family", The New York Times (June 23, 1945): 13.

参考文献[編集]

  • José Carlos García Rodríguez. El infante maldito. La biografía de Luis Fernando de Orleans, el más depravado príncipe Borbón. Barcelona: Espasa (Grupo Editorial Planeta), 2012. ISBN 978-84-670-0428-1.
  • Mateos Sáinz de Medrano, Ricardo. Los desconocidos Infantes de España: Casa de Borbón. Barcelona: Thassàlia, 1996. ISBN 84-8237-054-5.