ルイス・ハーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・ハーツ(Louis Hartz、1919年4月8日 - 1986年1月20日)は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、政治思想史。

オハイオ州生まれ。1946年、ハーヴァード大学で博士号取得。1956年から1974年までハーヴァード大学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Economic Policy and Democratic Thought: Pennsylvania, 1776-1860, (Harvard University Press, 1948).
  • The Liberal Tradition in America: An Interpretation of American Political Thought since the Revolution, (Harcourt, Brace & World, 1955, 2nd ed., 1991).
有賀貞松平光央訳『アメリカ自由主義の伝統』(有信堂, 1963年)
有賀貞訳『アメリカ自由主義の伝統――独立革命以来のアメリカ政治思想の一解釈』(講談社[講談社学術文庫], 1994年)
  • The Necessity of Choice: Nineteenth-century Political Thought, (Transaction Publishers, 1990).

共著[編集]

  • The Founding of New Societies: Studies in the History of the United States, Latin America, South Africa, Canada, and Australia, with Kenneth D. McRae, et al., (Harcout, Brace & World, 1964).