ルイス・ドゥルンヴァルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・ドゥルンヴァルダー(2004年8月撮影)

ルイス・ドゥルンヴァルダー(Luis Durnwalder, 1941年9月23日 - )は、イタリアの地方政治家で、トレンティーノ=アルト・アディジェ州知事(在任:2004年2月18日-)、兼、同州ボルツァーノ自治県知事(在任:1989年3月17日-)。

ボルツァーノ自治県北東部のファルツェス生まれ。大学では法律と農業を学び、学生時代から政治活動を始めた。1969年から1973年まで出身地ファルツェスの町長をつとめた後、1973年に県議会議員となり、さらに1978年から県の行政府メンバーに加わった。1989年、県知事に就任した。

彼は、イタリアの中道左派連合「オリーブの木」に加盟する地方政党、南ティロル人民党 (SVP) に所属する。2003年10月26日に行われた州知事選挙で当選し、2004年から州知事を兼任している。任期は2008年まで。