ルイス・デ・フレイタス・ブランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・マリア・ダ・コスタ・デ・フレイタス・ブランコLuís Maria da Costa de Freitas Branco , 1890年10月12日 - 1955年11月27日)はポルトガル作曲家音楽学者[1]

リスボン出身。幼い頃よりピアノヴァイオリンを学んだ。1910年ベルリンに留学しエンゲルベルト・フンパーディンク作曲を学び、さらにパリクロード・ドビュッシーに師事した。1916年よりリスボン音楽院の作曲科の教授を務め、生徒にはジョリー・ブラガ=サントスなどがいる。指揮者のペドロ・デ・フレイタス・ブランコは弟である。

音楽学者として、ポルトガルのバロック音楽を研究し、ジョアン4世の作品に関する著書がある。

作品[編集]

  • 交響曲第1番(1924)
  • 交響曲第2番(1926)
  • 交響曲第3番(1944)
  • 交響曲第4番(1952)
  • ヴァイオリン協奏曲(1916)

文献[編集]

  • Madrigais Camonianos. Three series with total 28 madrigals on texts by Luís de Camões. Coro Gulbenkian, dir. Fernando Eldoro. PortugalSom PS 5010, 2008.
  1. ^ [1]