ルイス・ジョンソン (ベーシスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・ジョンソン
}
基本情報
出生 1955年4月13日
出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ファンクR&B, ソウル、(ジャズ)
職業 ミュージシャン音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
活動期間 1970年代前半 -
レーベル A&Mレコードキャピトル・レコード、スターリックス・ヴィデオ、ハル・レオナルド
共同作業者 ザ・ブラザーズ・ジョンソン
著名使用楽器
ミュージックマン・スティングレイ

{{{Influences}}}

ルイス・ジョンソン(Louis Johnson、1955年4月13日 - 、ロサンゼルス出身)はアメリカのミュージシャン。ザ・ブラザーズ・ジョンソンのメンバーとして、またセッションミュージシャンとして1970年代、1980年代の数々のヒットアルバム(世界一売れたアルバム『スリラー』もその1つ)に参加している。彼の特徴あるサウンドは、レオ・フェンダーが彼のために作り出したミュージックマン・スティングレイスラップ奏法から生み出される。

彼は多くのアーティストのよく知られたレコードに参加している。マイケル・ジャクソンのアルバム『オフ・ザ・ウォール』、『スリラー』、『デンジャラス』そしてヒット曲「ビリー・ジーン」と「今夜はドント・ストップ」。ジョージ・ベンソンのアルバム『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』にも参加している。また、ハーブ・アルパートの1979年のアルバム『ライズ』に参加した3人のベーシストの1人である。

彼は驚異のテクニックから「サンダー・サム(嵐の親指)」とあだ名された。スラップベーシストはあだ名が付けられることが多いが、ジョンソンはその先駆けである。彼の奏法はラリー・グラハムにより主流となり、この二人がスラップベースの祖父と言われている。

彼の特に卓越したスラップベースはスタンリー・クラークのアルバム『タイム・エクスポージャー』、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの「ハイドラ (Hydra)」、ジョージ・デュークの『ガーディアン・オブ・ザ・ライト』、『シーフ・イン・ザ・ナイト』、ジェフリー・オズボーンの『ジェフリー・オズボーン』、『ステイ・ウィズ・ミー・トゥナイト』等で聴ける。

アール・クルーの「キコ」では特にすばらしいサム・プレイが聴ける。この曲ではプラッキングは一切使わず、右手親指でのスラッピングによるカウンター・ポイントと左手中指でのミュートテクニックによるカウンター・ポイントで、複雑でファンキーなベースラインを生み出している。このドラムのようなパーカッシヴなサウンドにベースの音を乗せるテクニックは「スラップ・チョーク」と呼ばれた。

彼のスタイルはプラッキングとサムピング、そして独特なファンキーサウンドを奏でるミュージックマン・スティングレイとの組み合わせにより生み出されたものである。

競演[編集]

ルイス・ジョンソンは下記のアーティストのレコーディング、ライヴに参加している。

ソロ活動[編集]

タイトル 規格 レーベル 備考
1981 パッセージ アルバム A&M
1985 キンキー/シーズ・バッド シングル キャピトル ヨーロッパ限定ソロ・リリース
1985 エヴォリューション アルバム キャピトル ヨーロッパ限定ソロ・リリース
1985 スターリックス・マスター・セッション ヴィデオ スターリックス 教則ヴィデオ。ハル・レコードよりDVDで再発