ルイス・キッド・カプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・“キッド”・カプラン(Louis "Kid" Kaplan、1901年10月15日 - 1970年10月26日)は、帝政ロシアキエフ(現ウクライナ領)出身の1920年代のプロボクサー。元世界フェザー級チャンピオン。ロシアが生んだ初の世界チャンピオン。

略歴[編集]

ユダヤ系。1925年1月2日、ダニー・クラマーとの王座決定戦に9回KOで勝利、世界フェザー級世界王者となる。ベイブ・ハーマンを相手に2度の王座防衛に成功後、ライト級転向のため王座を返上した。

通算戦績[編集]

132戦102勝(17KO)13敗10引分け7無判定