ルイス・カルロス・ガラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガランの胸像

ルイス・カルロス・ガラン・サルミエントLuis Carlos Galán Sarmiento1943年9月29日-1989年8月18日)は、コロンビア政治家ブカラマンガ出身。

国内外の政治を担当する新聞記者であったが、大統領ミサエル・パストラーナ・ボレーロに見いだされ、政界に進出した。所属政党はコロンビア自由党。1982年の大統領選挙に立候補したが、本選挙でコロンビア保守党ベリサリオ・ベタンクールに敗北した。

1989年、二回目の立候補となる大統領選挙の最中、ボゴタ近郊を遊説中に複数のヒットマンにマシンガンなどで銃撃され、死去した。ガランの暗殺は、彼が主張していた麻薬の規制強化に反発したメデジン・カルテルのボスパブロ・エスコバルの指示によるものと考えられている。彼に代わってセサル・ガビリアがコロンビア自由党の大統領候補となり、本選挙で勝利した。

2005年にはガラン暗殺に関わったとして元司法大臣アルベルト・サントフィミオ・ボテロが逮捕されている[1]2007年10月11日、サントフィミオは懲役24年の判決を受けた。

参考文献[編集]