ルイス・カウフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・カウフマン(Louis Kaufman, 1905年5月10日 - 1994年2月9日)は、アメリカ合衆国ヴァイオリン奏者[1][2]

オレゴン州ポートランドの生まれ。

13歳で音楽芸術研究所に入り、フランツ・クナイゼルに師事。1926年から1933年までミュージカル・アート四重奏団のヴィオラ奏者を務めたが、1928年にはニューヨーク・タウン・ホールでヴァイオリンの独奏者としてデビューを果たし、ナウムバーグ賞を受賞している。 1934年にはロサンゼルスに移住し、ハリウッド映画のスタジオ・オーケストラのヴァイオリン奏者を務め、映画『風と共に去りぬ』のサウンドトラックではヴァイオリン独奏を務めている。 一方で録音活動も活発に行い、アントニオ・ヴィヴァルディからアンリ・ソーゲウォルター・ピストンサミュエル・バーバー等まで幅の広いレパートリーを誇った。

ロサンゼルスの自宅で他界した。

主なディスコグラフィ[編集]

出典[編集]