ルイス・アルベルト・ペレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・アルベルト・ペレス
基本情報
本名 ルイス・アルベルト・ペレス
通称 El Demoledor
階級 バンタム級
国籍 ニカラグアの旗 ニカラグア
誕生日 1978年4月6日(36歳)
出身地 ニカラグア, マナグア
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 25
KO勝ち 16
敗け 3
テンプレートを表示

ルイス・アルベルト・ペレスLuis Alberto Pérez、男性、1978年4月6日 - )は、ニカラグアプロボクサー。元IBF世界バンタム級およびスーパーフライ級チャンピオンの2階級制覇チャンピオン。サウスポーの突進力のある連打型のボクサーである。

来歴[編集]

1996年11月2日に母国ニカラグアでプロデビューする。国内では連戦連勝で2000年3月11日に無敗のままWBA中米スーパーフライ級タイトルを獲得する。しかし同年9月7日に初めて母国を出てアメリカ合衆国WBOインターコンチネンタルタイトルに挑戦するが、12回判定負けを喫する。

その後、ノンタイトル戦を挟み2001年7月14日にWBAフェデラテンスーパーフライ級タイトルを獲得。同タイトルを2度防衛した後2003年1月4日にフェリックス・マチャドの持つIBF世界ジュニアバンタム級タイトルに挑戦し12回判定で勝利してタイトルを獲得した。同タイトルは3度の防衛に成功したが、4度目の防衛戦で従来より難のあった減量に失敗してタイトルを剥奪される。

世界タイトルを失った後、階級をバンタム級に上げ、2007年7月7日にヘナロ・ガルシアメキシコ)と空位のIBF世界バンタム級タイトルを賭けて対戦し、7回KOで勝利し2階級制覇に成功した。しかし、同タイトルは初防衛戦でジョゼフ・アグベコガーナ)に奪取された。

2008年9月18日、WBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦でリカルド・コルドバパナマ)と対戦し、0-3の判定負けで3階級制覇ならず。

獲得タイトル[編集]

  • WBAフェデラテンスーパーフライ級王座
  • IBF世界ジュニアバンタム級王座
  • IBF世界バンタム級王座

関連項目[編集]

脚注[編集]

前王者
フェリックス・マチャド
第17代IBF世界スーパーフライ級王者

2003年1月4日 - 2006年11月3日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ディミトリー・キリロフ
空位
前タイトル保持者
ラファエル・マルケス
第10代IBF世界バンタム級王者

2007年7月7日 - 2007年9月29日

次王者
ジョゼフ・アグベコ