ルイス・アキーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・アキーノ
Luis Aquino
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区サントゥルセ
生年月日 1964年5月19日(49歳)
身長
体重
184 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年
初出場 MLB / 1986年8月8日
NPB / 1996年3月31日
最終出場 MLB / 1995年9月12日
NPB / 1996年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルイス・アキーノLuis Antonio Aquino , 1964年5月19日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1981年トロント・ブルージェイズと契約。1986年8月8日にメジャーデビュー。

1988年カンザスシティ・ロイヤルズに移籍し、ロイヤルズでは主に先発投手として活躍。1993年には、この年創設されたフロリダ・マーリンズに移籍。1995年モントリオール・エクスポズ、同年途中にサンフランシスコ・ジャイアンツとチームを渡り歩いた。

1996年近鉄バファローズに入団。
同年は、チームトップの11勝を挙げる。特に対西武戦には滅法強く[1]、11勝のうち6勝が西武からの勝ち星だった。チームトップの勝ち星を挙げていたことからチーム残留とみられていたが、同年オフに解雇される。近鉄フロント陣は「ピッチングパターンを覚えられてしまった」「大阪ドームへの本拠地移転にあたって人心を一新したかった」という不可解なコメントに終始した。同性愛者で、チーム内でトラブルを起こしたからという噂がある[要出典]

帰国後、1997年デトロイト・タイガースのキャンプに参加したが契約には至らなかった。

1998年はアメリカ独立リーグアトランティックリーグに加盟していたナシュア・プライド及びニューバーグ・ブラックダイヤモンズでプレーし、同年限りで現役引退。

プレースタイル・人物[編集]

球速は遅く、変化球を主体とした軟投派で、腕をくにゃくにゃと曲げながら投げる投法は「オクトパス投法」と呼ばれた。

典型的なプエルトリカンな顔つきで、鼻ひげを豊かに蓄えていたことから「投げるマリオ」とも呼ばれていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 TOR 7 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 50 11.1 14 2 3 1 0 5 1 0 8 8 6.35 1.50
1988 KC 7 5 1 1 0 1 0 0 -- 1.000 136 29.0 33 1 17 0 1 11 1 1 15 9 2.79 1.72
1989 34 16 2 1 0 6 8 0 -- .429 591 141.1 148 6 35 4 4 68 4 0 62 55 3.50 1.29
1990 20 3 1 0 0 4 1 0 -- .800 287 68.1 59 6 27 6 4 28 3 1 25 24 3.16 1.26
1991 38 18 1 1 0 8 4 3 -- .667 661 157.0 152 10 47 5 4 80 1 0 67 60 3.44 1.27
1992 15 13 0 0 0 3 6 0 -- .333 293 67.2 81 5 20 1 1 11 1 1 35 34 4.52 1.49
1993 FLA 38 13 0 0 0 6 8 0 -- .429 471 110.2 115 6 40 1 5 67 4 0 43 42 3.42 1.40
1994 29 1 0 0 0 2 1 0 -- .667 214 50.2 39 3 22 4 3 22 2 0 22 21 3.73 1.20
1995 MON 29 0 0 0 0 0 2 2 -- .000 171 37.1 47 4 11 1 3 22 3 0 24 16 3.86 1.55
SF 5 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 28 5.0 10 2 2 1 0 4 0 0 10 8 14.40 2.40
'95計 34 0 0 0 0 0 3 2 -- .000 199 42.1 57 6 13 2 3 26 3 0 34 24 5.10 1.65
1996 近鉄 25 25 2 1 0 11 9 0 -- .550 658 156.0 158 22 55 1 4 58 3 0 75 70 4.04 1.37
MLB:9年 222 69 5 3 0 31 32 5 -- .492 2902 678.1 698 45 224 24 25 318 20 3 311 277 3.68 1.36
NPB:1年 25 25 2 1 0 11 9 0 -- .550 658 156.0 158 22 55 1 4 58 3 0 75 70 4.04 1.37

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 32 (1986年)
  • 27 (1988年 - 1994年)
  • 72 (1995年)
  • 33 (1996年)

脚注[編集]

  1. ^ ただし、シーズン終盤の対西武戦では、垣内哲也に3打席連続本塁打を浴びるなどで攻略されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]