ルイジ・ローランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイジ・ローランド(Luigi Rolando、1773年6月16日 - 1831年4月20日)はイタリア解剖学者生理学者。1773年にイタリアトリノで生まれた。トリノ大学の教授として解剖学的の研究を行い、脳機能の局在を予測した。

略歴[編集]

ローランドは1773年、イタリア北西部サルデーニャ王国の都市トリノで生まれた[1]。若くして父を亡くし、牧師である おじ のアントニオ・マフェイ(Antonio Maffei)に育てられた[1]。地元の大学で最初哲学を学び、次に医学を学んだ。この時ローランドは特に解剖学動物学に興味を覚えた。1793年に大学を卒業する。1802年、比較解剖の研究で学位を取った。

フランス革命戦争の勃発にともない1799年、サルデーニャ国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世サルデーニャ島へ退避する。退避した先でローランドをサッサリ大学Università di Sassari)の臨床医学の教授として呼び寄せる。しかしローランドはリヴォルノで発生した黄熱病の流行のため、3年間フィレンツェで足止めを喰う。

1807年、ローランドはサルデーニャ島へ移り、1814年まで暮らす。1815年、ナポレオン戦争が終わり、ローランドはトリノに帰り解剖学の教授となる。女王の医者もつとめる。1829年12月、トリノの美術学院(Accademia di Belle Arti in Torino) の解剖学教授となる。

1831年4月、死去。死因は幽門の出口)のであった[1]

研究[編集]

ローランド膠様質脊髄の後角にある構造)とローランド溝大脳脳溝)は彼にちなんで名付けられた[1]

著作[編集]

  • Sulle cause da cui dipende la vita negli esseri organizzati (1801).
  • Saggio sopra la struttura del cervello dell'uomo e degli animali e sopra le funzioni del sistema nervoso (1809)
  • Manuale di anatomia fisiologica (1809).
  • Ricerche anatomiche sulla struttura della midolla spinale (1824).
  • Description d'un animal nouveau qui appartienent à la classe des Echinodermes (1822), ボネリムシの発見が記載されている
  • Osservazioni sul cervelletto (1825).
  • Della struttura degli emisferi cerebrali (1830).

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Caputi F, Spaziante R, de Divitiis E, Nashold BS (1995). “Luigi Rolando and his pioneering efforts to relate structure to function in the nervous system”. J. Neurosurg. 83 (5): 933–7. PMID 7472570. 

外部リンク[編集]