ルイジアード諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジアード諸島

ルイジアード諸島(Louisiade Archipelago)とはニューギニア島の南東200km沖合い、北はソロモン海, 南に珊瑚海の26,000 km² にも広がる海域内に点在する島々で、パプアニューギニアミルン湾州に属する諸島である。

タグラ島ミシマ島ロッセル島などの島の周辺をサンゴ礁で囲まれた火山島とサンゴ礁で形成された小さな島々からなる。ルイジアード諸島は亜熱帯気候に属し、熱帯雨林で大部分を覆われている。総面積は約1,800km²、人口は約22,300人(1995年)

住民はメラネシア系のパプア人

1606年ルイス・バーエス・デ・トーレスが来航し、1768年にルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルが来航、ルイ15世に因んでルイジアード諸島と命名された。第二次世界大戦中の1942年に周辺海域で珊瑚海海戦が行われた。

関連項目[編集]

クラ (交易) - トロブリアンド諸島、ルイジアード諸島、ウッドラーク島ダントルカストー諸島などの民族によって行われる交易