ルアー (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルアー
英字表記 Lure
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1989年
Danzig
Endear
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Claiborne Farm & The Gamely Corp.
馬主 Claiborne Farm
Claiborne Farm & Nicole P.Gorman
調教師 Claude McGaughey III(アメリカ
競走成績
生涯成績 25戦14勝
獲得賞金 2,514,809ドル
テンプレートを表示

ルアー (Lure) はアメリカ合衆国競走馬種牡馬。おもにマイル路線で活躍し、ブリーダーズカップ・マイル2連覇などの成績を残した。20世紀のアメリカ名馬100選では85位に選ばれている。

戦績[編集]

1991年6月13日ダートの5ハロン戦でデビューしたルアーはレコードタイムの5馬身差で圧勝し、早くもスピードの片鱗をのぞかせた。これが評価されて、シャンペンステークスでは1番人気に支持されるも6着に敗退、その競走で2歳シーズンを終えた。

1992年はゴーサムステークスでデヴィルヒズデューとの1着同着重賞初制覇を果たすも、ダートでは頭打ち気味になっていった。そこでルアーの陣営は芝路線への転向を試みた。この試みは成功し、芝での初戦となった一般戦を10馬身差で圧勝したルアーは、以後芝のレースを中心に使われていくことになる。

10月になり、ブリーダーズカップ・マイルに出走したルアーは3番人気に支持された。1番人気は「ワンダーホース」ことアラジ、2番人気はイギリスから参戦してきたセルカークだったが、ルアーは自慢のスピードを存分に発揮し、1分32秒90のレコードタイムで圧勝を遂げた。2着はのちにジャパンカップにも参戦するパラダイスクリークであった。

1993年のルアーは8戦6勝、2着2回とほぼ完璧な成績を残した。スターオブコジーンやパラダイスクリークらと互角以上の勝負を演じ、8ハロン戦では一度も負けることがなかった。ブリーダーズカップ・マイルではスキーパラダイス以下に余裕を持って勝利し、連覇を成し遂げた。

1994年も現役を続けたルアーは、成長著しいパラダイスクリークと連戦しつつブリーダーズカップ・マイル3連覇を目指した。だが本番ではバラシアに先手を取られて得意の逃げを打つことができず、そのまま逃げ切りを許して9着に敗れ、このレースを最後に引退した。

年度別競走成績[編集]

  • 1991年(3戦1勝)
  • 1992年(7戦4勝)
    • ゴーサムステークス (G2) 、ブリーダーズカップ・マイル (G1)
  • 1993年(8戦6勝)
  • 1994年(7戦3勝)
    • エルコーンステークス (G2) 、シーザーズ国際ハンデキャップ (G2) 、バーナードバルークハンデキャップ (G2)

表彰[編集]

引退後[編集]

引退後は故郷のクレイボーンファームに戻り、種牡馬として活動した。2004年に種牡馬能力の減衰を理由に引退、現在も同牧場で余生を送っている。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ルアー血統ダンジグ系 / Native Dancer 4x4=12.50%、 Nearco 4x5=9.38%)

Danzig
1977 黒鹿毛 アメリカ
Northern Dancer
1961 鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Pas de Nom
1968 黒鹿毛 アメリカ
Admirals Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim

Endear
1982 鹿毛 アメリカ
Alydar
1975 栗毛 アメリカ
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Sweet Tooth On-and-on
Plum Cake
Chappaquiddick
1968 黒鹿毛 アメリカ
Relic War Relic
Bridal Colors
Baby Doll Dante
Bebe Grande F-No.3-o

外部リンク[編集]