リー・ヴァン・ヴェーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リー・ヴァン・ヴェーレン(Leigh M. Van Valen、1935年 - 2010年)はアメリカ進化生物学者である。

数多いヴァン・ヴェーレンの仕事の一つは、彼が発表した絶滅の法則を説明するための赤の女王仮説の提唱(1973年)である。その法則は、生物の分類単位であるの絶滅する確率は一定であることを示している。それらのデータは1000種の化石を扱った10本の論文から集められた。

彼はまた、エルンスト・マイヤー生物学的なの定義に対して、1976年生態学的な種の定義を行った。

1991年には、HeLa細胞(一般にはヒト子宮頸癌由来の培養細胞と考えられている)は新種の生物であるとして、Helacyton gartleri と命名した。

晩年はシカゴ大学生態学進化学部の教授として活動していたが、2010年に死去した。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • Leigh Van Valen (1973). A new evolutionary law. Evolutionary Theory, 1:1-30.
  • Leigh Van Valen (1976). Ecological species, multispecies, and oaks. Taxon, 25:233-239.
  • Leigh Van Valen and Virginia C. Maiorana (1991). HeLa, a new microbial species. Evolutionary Theory, 10:71-74