リー・ドーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リー・ドーシー
基本情報
出生名 Irving Lee Dorsey
出生 1924年12月24日
出身地 米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1986年12月1日
ジャンル リズム・アンド・ブルース
職業 シンガー
活動期間 1961年〜1978年
共同作業者 アラン・トゥーサン

リー・ドーシー (Lee Dorsey, 1924年12月24日 - 1986年12月1日)は、ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動したR&Bシンガー。主に1960年代、アラン・トゥーサンが曲を提供しプロデューサーを務める形で、多くのヒットを生み出した。ニューオーリンズを象徴するシンガーのひとりとして知られ、彼の曲は多くのアーティストによってカバーされている。代表曲は"Ya Ya"、"Yes We Can"、"Working in a Coal Mine"など。

来歴[編集]

1924年12月24日ニューオーリンズに生まれたドーシーは、10歳の頃オレゴン州ポートランドへ移住する。ポートランドではキッド・チョコレートのリング・ネームでプロボクサーとして活動した。1955年には、故郷ニューオーリンズに戻っている。

1961年、フューリー・レコードと契約した。アラン・トゥーサンのプロデュースの下、"Ya Ya"をレコーディングし、R&Bチャートのトップを記録する。翌1962年には"Do-Re-Mi"がR&Bチャート22位を記録するものの、以後暫くヒットには恵まれなかった。

1965年にはエイミー・レコードに移籍。引き続き、トゥーサンのサポートを得てレコーディングを行う。同レーベルからは、"Ride Your Pony"、"Get Out Of My Life, Woman"などがヒットとなり、ミーターズがバックバンドとなった形でのツアーも行った。1966年には、"Working in a Coal Mine"がポップ・チャートでも大ヒットした。同曲は、後にディーヴォもカバーしている。

1970年、ポリドールからアルバム「Yes We Can」をリリース。しかしながら、以後しばらくリリースから遠ざかる。1978年に「Night People」でカムバックを果たすが、商業的成功にはつながらなかった。

1986年12月1日、肺気腫のためニューオーリンズにて亡くなった。61歳だった。

ディスコグラフィー[編集]

外部リンク[編集]