リーン・イントゥ・イット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーン・イントゥ・イット
Mr.Bigスタジオ・アルバム
リリース 1991年4月10日
2009年5月13日日本・再発)
録音 1990年~1991年
ジャンル ハードロック
レーベル アトランティック・レコード
プロデュース ケヴィン・エルソン
チャート最高順位
  • 6位(オリコン
  • 134位(再発盤・オリコン)
Mr.Big 年表
ロウ・ライク・スシ
1990年
リーン・イントゥ・イット
1991年
ロウ・ライク・スシ II
1992年
テンプレートを表示

リーン・イントゥ・イット』(Lean Into It)は、アメリカハードロックバンドMr.Bigがリリースした、2作目のオリジナルアルバムである。

内容[編集]

前作『MR.BIG』から約2年ぶりとなるオリジナルアルバム。全米No.1ヒット曲「To Be With You」などを収録。大ヒットして現在における彼らの人気を不動のものとした。また、このアルバムから日本盤のみに、ボーナス・トラックが収録される。

しかし、「60'S マインド」「To Be With You」の2曲はアルバムに収録するか否かがメンバーの間で問題となった。このポップな2曲のヒットによって、ブリティッシュハードロックに根差したブルージーなロックバンド、という結成当時の構想と、現実との間にずれが生じ始める皮肉な結果を生んだ。良くも悪くも、ここがバンドの分岐点となった。

アルバムジャケットには1895年に発生したフランスのモンパルナス駅での列車事故の写真が使用されている。

デビュー20周年の2009年に、再結成&ジャパン・ツアー 記念エディションとして全曲リマスタリング&ボーナス・トラック収録で、日本で再発売された。

収録曲[編集]

  1. ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトルボーイDaddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song) (3:54)
    ライブでは、ほぼ序盤に必ず演奏され、その際に先端にギターピックを取り付けた電気ドリルによるトリックプレイは定番である。
  2. アライヴ・アンド・キッキンAlive And Kickin' (5:28)
  3. 60'S マインドGreen-Tinted Sixties Mind (3:30)
    日本における最初のシングル。
  4. CDFF-ラッキー・ディズ・タイムCDFF-Lucky This Time (4:10)
  5. ヴードゥー・キッスVoodoo Kiss (4:07)
  6. ネヴァー・セイ・ネヴァーNever Say Never (3:48)
  7. ジャスト・テイク・マイ・ハートJust Take My Heart (4:21)
    日本の2ndシングル。バラード・ベストアルバム『Deep Cuts』ではリメイクされている。
  8. マイ・カインダ・ウーマンMy Kind Woman (4:09)
    1stシングルのカップリング。
  9. ア・リトル・トゥー・ルーズA Little Too Loose (5:21)
  10. ロード・トゥ・ルーインRoad To Ruin (3:54)
  11. トゥ・ビー・ウィズ・ユーTo Be With You (3:27)
    2ndシングル収録曲。ライブでは終盤に必ず演奏される。
  12. ラヴ・メイクス・ユー・ストロングLove Makes You Strong
    ボーナス・トラック (日本盤のみ)。
  13. アライヴ・アンド・キッキン (アーリー・ヴァージョン)
  14. 60'S マインド (アーリー・ヴァージョン)
  15. トゥ・ビー・ウィズ・ユー (レゲエ・ヴァージョン)
    前々曲からこの曲までは、日本の再発盤によるボーナス・トラック。