リーラ・ジョセフォウィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーラ・ジョセフォウィッツ

リーラ・ジョゼフォヴィッツまたはジョゼフォヴィチLeila Bronia Josefowicz, 1977年10月20日 - )は、ニューヨーク在住のカナダヴァイオリニスト。父は物理学者のジャック・ジョゼフォヴィッツ(Jack Josefowicz)、母は生物学者のウェンディ・ジョゼフォヴィッツ(Wendy Josefowicz)。

経歴[編集]

オンタリオ州ミシサガに、ポーランドイギリス人の家庭に生まれる。幼児期に家族とともにカリフォルニア州に移り、3歳半からスズキ・メソードを交えたヴァイオリン教育を受ける。13歳でフィラデルフィアに移り、カーティス音楽院に入学。フェリックス・ガリマー、ヤッシャ・ブロツキー、ジョーゼフ・ギンゴールドハイメ・ラレードに師事。10代で、フィラデルフィア管弦楽団クリーヴランド管弦楽団ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団ヒューストン交響楽団シカゴ交響楽団モントリオール交響楽団トロント交響楽団と共演する。1994年ネヴィル・マリナー指揮のアカデミー室内管弦楽団とともにチャイコフスキー協奏曲を演奏してカーネギー・ホールにデビューを果たす。同年、フィリップスと契約を結び、チャイコフスキーシベリウス協奏曲を録音した。ソリストとして、北米欧州日本中国豪州での演奏旅行に多忙な日々を送る。

使用楽器[編集]

1993年から1994年まで、ストラディヴァリ協会より貸与されたストラディヴァリウス・「ルビー」を用いていたが、現在はハーバート・アクセルロッドより貸与された1739年製のグァルネリウス・デル・ジェズー・「エーベルゾルト」を愛用している。上記のデビュー・アルバムでは、両方の楽器が使われており、音色の聴き比べを楽しむことができる。

外部リンク[編集]