リーフェン・ヘファールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lieven Gevaert
リーフェン・ヘファールト
生誕 1868年5月28日
ベルギーの旗 ベルギー アントウェルペン
死没 1935年2月2日 (満66歳没)
オランダの旗 オランダ デン・ハーグ
職業 実業家慈善家
著名な実績 「リーヴェン・ゲヴァルト商会」創立
テンプレートを表示
アグフア・ゲバルトベルギー工場。
ヘファールトの名をもつタグボート「リーフェン・ヘファールト号」、アントワープ港英語版

リーフェン・ヘファールトLieven Gevaert, 1868年5月28日 - 1935年2月2日)は、ベルギーフランドル実業家慈善家である。ドイツとベルギーの多国籍企業アグフア・ゲバルトの前身の1社リーヴェン・ゲヴァルト商会フランス語: Lieven Gevaert & Cie.)の設立者であり、日本ではリーベン・ゲバルトリーヴェン・ゲバルトとも表記される[1]

人物・来歴[編集]

1868年(慶応4年)5月28日、ベルギー・フランドルのアントウェルペンで生まれる。

満3歳のころに父親を失い、満21歳になる1889年(明治22年)に母親とともに写真感光紙製造の個人事業を始める。1894年(明治27年)、同事業を行う企業「リーヴェン・ゲヴァルト商会」(リーフェン・ヘファールト商会)としてアントウェルペン市に登録する[1][2]。従来の写真湿板に代わる「カルシウム感光紙」を開発、感光紙に写真乳剤を塗布するシステムを半オートメーション化し、1897年(明治30年)にはアントウェルペン州モルツェル英語版に工場を建設する[1]。1905年(明治38年)には、新たに工場を建設する[1]

ローマ教皇レオ13世が1891年(明治24年)5月15日に出した回勅『レールム・ノヴァールム』、およびローデウェイク・デ・ラート英語版の著作の影響を強く受けた考えを持っていた。フランドルの主権をめぐる運動に加担したが、自らを政治の外側に置き続けた。オランダ語を商業の言語に導入することに尽力し、フランドル人のエリートを生み出すためのオランダ語教育に力を注いだ。

1926年(大正15年)、フランドル商工会議所英語版を創設、初代会頭に就任する。

1935年(昭和10年)2月2日オランダデン・ハーグで死去する。満66歳没。

没後29年の1964年(昭和39年)6月1日、「リーヴェン・ゲヴァルト商会」の後身「ゲヴァルト写真製造」(オランダ語: Gevaert Photo-Producten N.V.)はアグフアと合併し、現在のアグフア・ゲバルトを形成する[1]。合併前の同社は、映画用フィルム等の業務用に注力する写真技術の企業に成長していた[1]。アグフア・ゲバルト本社は、2012年(平成24年)4月現在も、ヘファールトが工場を定めた地に存在する[1]

ルーヴェン・カトリック大学との協力の下に、その名を冠した「リーフェン・ヘファールト写真研究所」があり、同大学の出版部門がその名を冠した「リーフェン・ヘファールト叢書」を刊行している。2005年(平成17年)には、「主要なベルギー人オランダ語版」フランドル版で33位に選ばれた。

フィルモグラフィ[編集]

リーフェン・ヘファールトに取材したドキュメンタリー映画が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 会社概要日本アグフア・ゲバルト、2012年4月6日閲覧。
  2. ^ In de voetsporen van Jacob van Maerlant, p.462.
  3. ^ Een groot Vlaming is ons ontvallen: Lieven Gevaert - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2012年4月6日閲覧。
  4. ^ Lieven Gevaert, eerste arbeider - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2012年4月6日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • lievengevaertcentre.be - 「リーフェン・ヘファールト写真研究所」公式ウェブサイト (英語)