リービ英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リービ 英雄
(りーび ひでお)
誕生 Ian Hideo Levy
1950年11月29日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー
職業 小説家日本文学者
言語 日本語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
教育 博士文学
最終学歴 プリンストン大学大学院東洋学
活動期間 1992年 -
ジャンル 小説
代表作 『星条旗の聞こえない部屋』(1992年)
『千々にくだけて』(2005年)
『仮の水』(2008年)
主な受賞歴 野間文芸新人賞(1992年)
大佛次郎賞(2005年)
伊藤整文学賞(2009年)
処女作 『星条旗の聞こえない部屋』(1992年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リービ 英雄(リービ ひでお、Ian Hideo Levy, 1950年11月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー生まれの小説家日本文学者。本名、リービ・ヒデオ・イアン日本語を母語とせずに日本語で創作を続けている作家の一人。現在、法政大学国際文化学部教授ユダヤ系アメリカ人

来歴・人物[編集]

父は東欧系ユダヤ人で、母はポーランド人移民であった。

”ヒデオ”は父の友人に因んで付けられたもので、幼少時からの本名である。父は外交官で、少年時代から台湾香港、アメリカ、日本と移住を繰り返す。プリンストン大学東洋学専攻卒業、同大学院に学び、1978年、柿本人麻呂論で文学博士。プリンストン大学助教授ののち、スタンフォード大学准教授(テニュア付)を辞して、日本に渡る[1]

プリンストン大学では、中西進に『万葉集』を学んでいる。小説を書き始めたのは、中上健次の示唆がきっかけだった。また、司馬遼太郎コロンビア大学日本学専門)のポール・アンドラー教授(カトリックドイツ系フィラデルフィア出身)と交流を持っていた[2]

2009年2月16日放送のNHKテレビ日めくり万葉集」に出演し、大伴旅人「わが園に梅の花散る、ひさかたの天より雪の流れ来るかも」の「かも」は現代語の「かも知れない」であると繰り返し強調した[3]

受賞歴[編集]

著作[編集]

小説[編集]

評論[編集]

万葉集関連[編集]

  • Ian Hideo Levy (1981). The Ten Thousand Leaves: A Translation of the Man Yoshu, Japan's Premier Anthology of Classical Poetry. Princeton Library of Asian Translations (Hardcover ed.). Princeton University Press. ISBN 0-691-06452-0. 
    • Ian Hideo Levy (September 1987). The Ten Thousand Leaves: A Translation of the Man Yoshu, Japan's Premier Anthology of Classical Poetry. Princeton Library of Asian Translations (Reprint ed.). Princeton University Press. ISBN 0-691-00029-8. 
  • Ian Hideo Levy (April 1984). Hitomaro and the Birth of Japanese Lyricism. Princeton University Press. ISBN 0-691-06581-0. 
  • 『万葉恋歌――Love Songs from the Man'yoshu』 宮田雅之切り絵、大岡信解説、リービ英雄英訳、講談社インターナショナル、2000年6月。ISBN 4-7700-2642-0
  • 『Man'yo Luster――万葉集』 リービ英雄英訳、井上博道写真、ピエ・ブックス、2002年2月。ISBN 4-89444-186-1

翻訳[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ian Hideo Levy (2010年2月19日). ““Kotodama””. Stanford.edu. 2011年5月14日閲覧。
  2. ^ 司馬の著作の『アメリカ素描』と「街道をゆく」シリーズの『ニューヨーク散歩』より。
  3. ^ 読売新聞「平成万葉集」のページでも檀ふみがこの説を紹介している。

外部リンク[編集]