リードタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リードタイム(lead time)は、生産流通開発などの現場で、工程に着手してから全ての工程が完成するまでの所要期間である。

トヨタ自動車発祥の和製英語と言われることもあるが、1945年にアメリカでの使用例がある[1]手配番数(てはいばんすう)、略して手番(てばん)という。

ここで言う所要期間とは、実際の作業(製造なら加工)の期間だけでなく、発注から納品までの全期間である。作業を始めるまでの期間、待ち時間、検査・運搬などのための期間なども含む。

複数のラインが稼動しても、原則としてリードタイムは短縮されないが、工程が完了する間隔は短縮される。これをサイクルタイムという。たとえば、リードタイム10日で2つのラインが稼動していれば、サイクルタイムは5日である。

注釈[編集]

  1. ^ Birmingham (Alabama) News 19 May 1945, "The ‘lead-time’ normally required to bring out new models."