リーダークライス作品39 (シューマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リーダークライス(Liederkreis)作品39は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマン1840年に作曲した歌曲集。ドイツ・ロマン派の詩人ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフの詩による全12曲からなる。

全曲のタイトルと解説[編集]

  1. 異郷にて In der Fremde
    嬰ヘ短調 4分の4拍子
    ハープを模したようなアルペッジョピアノ伴奏の全曲に貫かれ、その上に故郷を離れ、異郷をさすらう者の心情が歌われる。このリーダークライスの第1曲は当初別の曲が置かれていたが、シューマンがこれと置き換えた。
  2. 間奏曲 Intermezzo
    イ長調 4分の4拍子
    全曲がピアノのシンコペーションに貫かれ、愛する人の面影に対する賛美を歌う。
  3. 森の対話 Waldesgespräch
    ホ長調 4分の3拍子
    この曲はドイツに古くから伝わるローレライ伝説を下敷きにしている。夜、深い森で魔女ローレライに出会ったものは、その森から二度と出られないのである。
    曲は狩人の若者と魔女ローレライとの対話の形式で書かれ、若者は狩の角笛(Waldhorn)であらわされ、ローレライはなまめかしい分散和音で示される。
  4. 静けさ Die Stille
    ト長調 8分の6拍子
    この詩にはメンデルスゾーンも曲を付けており、そちらは「誰も知らない」という歌いだしのタイトルで知られている。
  5. 月の夜 Mondnacht
    ホ長調 8分の3拍子
    調性をぼかした始まり方で、極めて繊細な夜の情景を描いている。
  6. 美しき異郷 Schöne Fremde
  7. 古城にて Auf einer Burg
  8. 異郷にて In der Fremde
  9. 悲しみ Wehmut
  10. たそがれ Zweilicht
  11. 森の中で Im Walde
  12. 春の夜 Frühlingsnacht

外部リンク[編集]