リヴェンジ (戦艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Revenge (1916) profile drawing.png
艦歴
起工 1913年12月22日
進水 1915年5月29日
就役 1916年5月
その後 1948年にスクラップ
性能諸元
排水量 基準:28,000トン、満載:31,200トン
全長 624 ft(190 m)
全幅 88 ft(27 m)、後に拡幅され102 ft (31.1 m)
吃水 28 ft(8.5 m)
機関 スチームタービン、18缶、4軸、40,000馬力
最大速 23ノット(43 km/h)
乗員 997名
兵装 38.1cm連装砲 4基
15.2cm単装砲 14基
76.2mm対空砲 2基
47mm砲 4基
53.3cm水中魚雷発射管 4門

リヴェンジ (HMS Revenge, 06) は、イギリス海軍戦艦リヴェンジ級の1番艦。同名艦としては9代目である。

艦歴[編集]

本艦は1913年に起工、第一次世界大戦中の1915年に進水し、1916年ユトランド沖海戦の直前に就役した。同海戦には本国艦隊(グランド・フリート)の主力である第一戦隊の2番艦として参加し、同戦隊旗艦のマールバラが魚雷を受けて損傷して後は代わりに旗艦を努めた。およそ1時間半交戦したが、特に被害は受けなかった。

1919年スカパ・フローに抑留されたドイツ艦隊が自沈した後、自沈命令を発したルートヴィヒ・フォン・ロイター提督はフリーマントル中将の旗艦であるリヴェンジに呼び出されて海軍の名誉を傷つけたとして非難された。ロイター提督は非難に対して「英海軍のどの提督であっても私と同じ立場におかれたら同じように行動するでしょう」と応じた。結局ロイター提督自身は罪に問われなかった。

1920年1月には第一戦隊の一艦として地中海に出動し、ギリシャ軍を支援した後、ロシア革命を監視するため7月までとどまった。

1922年にはラミリーズロイヤル・サブリンレゾリューションらと共に再び地中海に出動し、翌年までとどまった。

1928年には修理のためドック入りし、翌年3月修理を終えると地中海艦隊に加わった。1935年7月16日にはジョージ5世の即位25周年記念式典の観艦式に参加した。

第二次大戦時の「リヴェンジ」。

1936年に再び修理に入り、翌年修理を終えると本国艦隊の第二戦隊に加わった。

第二次世界大戦では当初主に船団護衛に従事し、1942年には日本艦隊に対抗してインド洋に派遣されたが、コンディション不良のため1943年10月には予備に回された。1944年にはその主砲身はノルマンディー艦砲射撃に従事するラミリーズ及びウォースパイトなどの砲の予備とするために取り外され、船体は練習艦として使用された。

1948年3月8日に廃棄処分が決まり、数ヵ月後に解体業者に引き渡された。