リヴィエラ (水上機母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Insert image here.svg
艦歴
発注
起工 1910年
進水 1911年4月1日
竣工 1911年6月(海峡連絡船として)
就役
退役 1919年5月21日
その後 1919年に民間船として返還
除籍
性能諸元
排水量 1,850トン
全長 316 ft (96 m) overall
全幅 41 ft (12 m)
吃水 14 ft (4.3 m)
機関 バブコック・アンド・ウィルコックス式水管缶6基
パーソンズ蒸気タービン3基、3軸推進、11,000shp
最大速 20.5ノット
乗員 250名
兵装 4インチ砲2門
6ポンド砲1門
搭載機

リヴィエラ (HMS Riviera) は、イギリス海軍水上機母艦

艦歴[編集]

リヴィエラはサウスイースト・アンド・チャタム・レールウェイ社の海峡連絡船としてダンバートンウィリアム・デニー・アンド・ブラザース社で建造された。海軍本部の要求により1914年8月11日に海軍に取得され、チャタム工廠で4機の水上機を運用できる様改装された。

就役後はエンガディン (HMS Engadine)、エンプレス (HMS Empress) と共にハリッジを拠点として活動した。3隻から発艦した航空機は1914年のクリスマスに行われたクックスハーフェン襲撃に参加し、ツェッペリン飛行船を攻撃した。リヴィエラの乗組員の中には、作家として有名なロバート・アースキン・チルダーズもいた。リヴィエラはその後ドーバー海峡の偵察に従事し、1918年6月に地中海へ移動した。

1919年、リヴィエラはレイアーズ・アイル (RTMS Lairds Isle) の船名で民間船としての使用に戻った。その後1939年8月28日、再びレイアーズ・アイル (HMS Laird's Isle) として軍務に就き、武装輸送船としてノルマンディー上陸作戦に参加、戦車上陸用舟艇を輸送した。

レイアーズ・アイルは1946年に再び民間船としての使用に戻った。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船 増刊 イギリス航空母艦史』2005年10月号増刊 No.649

外部リンク[編集]