リンド・ウォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リンド・ウォード(Lynd Ward、1905年6月26日 - 1985年6月28日)は、アメリカ合衆国版画家。多数の児童書、限定本に挿絵をつける一方、『神の僕』『狂人の太鼓』など、連続する木版画のみで物語を表現する「文字のない小説」を刊行し、アメリカ合衆国における木版画の主導的作家となった[1]

生涯[編集]

1905年イリノイ州シカゴに生まれる。父ハリィ・F.ウォード英語版メソジスト派の牧師で著名な政治活動家であった。4歳のとき一家はオークパークに移り、その後はマサチューセッツニュージャージーで少年時代を送った。家庭ではメソジスト派の伝統で静かに過ごすきまりがあったため、ウォードは自然に本と親しむようになったが、読むよりも絵を見ているほうが多かったという。当時のお気に入りの本はドレの挿絵入りの聖書と、自分のおもちゃでサーカスをつくる少年の物語で、これらの本にのめりこんだことが後の絵に対する興味へとつながった[2]

初学年のとき、ウォードは自分のラストネームを逆に書くと「draw」(描く)になることに気付き、画家を志望する決意をした。高校の美術の授業でリノリウムを使った版画制作を体験し、これをきっかけに様々な版画技法を試み、さらにコロンビア大学に進んで美術を専攻した。しかし版画・印刷が低く見られていることに不満を抱き、ヨーロッパへの留学を決意する。1926年、大学を卒業したその週のうちに大学の同窓生メイ・マクニアーと結婚、新婚旅行でヨーロッパにわたりそのままライプツィヒの国立美術アカデミーに留学してグラフィックアートを学んだ[2]。在学中にライプツィヒの本屋を訪れたとき、ウォードはベルギーの版画家フランス・マシリール英語版の、木版画の連作による物語を見つけ、この出会いがのちの「文字のない小説」の構想のきっかけとなった。

アメリカに戻ったウォードはまずイラストレーションに活躍の場を求めて児童書の挿絵を担当、1929年には妻マクニアーが文を担当した源義経の物語『Prince Bantam』の挿絵を制作した。この年にかねてから温めていた「文字のない小説」の出版計画をすすめ、知人のハリソン・スミスが新しく起した出版社と契約して29年10月に第一作『God's Man』(神の僕)を出版。おりしもニューヨーク株式市場が大暴落し世界恐慌がはじまったが、不況にもかかわらず『God's Man』は版を重ね、1930年にはさらに意匠をこらした第二作『Madman's Drum』(狂人の太鼓)を出版した。その後ウォードは1937年までに4冊、合計6冊の「文字のない小説」を出版している[2]

また『Madman's Drum』の出版と前後してヘリテージ・リミテッド・エディションズ・クラブから限定本の挿絵の注文を受けるようになり、古典や幻想文学、児童文学の挿絵を数多くこなしていった。ウォードが生涯に挿絵を描いた作品は100を超える。木版画のほかにも水彩、油彩、ペン、リトグラフ、メゾチントなどによる作品も残している[3]。作品のテーマとしては、労働者や階級問題などの社会的トピックを好んで取り上げた。ウォードは『America's Ethan Allen』(1950年)および『The Biggest Bear』(1953年)の二冊がコールデコット名誉賞を受けたのをはじめ多数の賞を受賞しており、また彼が挿絵を書いた本のうち2冊がニューベリー賞を、6冊がニューベリー名誉賞を受賞している。1979年、ウォードは引退してヴァージニア州のレストンの家に住み、1985年6月28日、80歳の誕生日の2日後に死去した。2011年、ウォードはアイズナー賞の「漫画家の殿堂」に選出された[4]

文字のない小説[編集]

”Prelude to a Million Years(1933)”のための木版

ウォードはとりわけ物語のすべてをドラマティックな木版画の連続によって表現する「文字のない小説」によって知られている。最初の作品『Gods' Man』 では、アール・デコ表現主義の折衷様式で一人の芸術家の自分の技術に対する苦悩、誘惑に続いて起こる金と権力の濫用、そして無垢の世界への脱出を表現している。ウォードは文字を用いない映像的な物語を発想したという点において、彼の先駆者であるヨーロッパの芸術家フランス・マシリールオットー・ニュッケルとともに認知されている。ウォードの「文字のない小説」は大不況の時期を越えて影響力を持ち続け、その作品はビート・ジェネレーションの詩人アレン・ギンスバーグの重要なインスピレーションの源泉のひとつにもなった[5]。またその業績はアメリカンコミックス史の文脈からも評価を受けている[6]

ウォードの木版による「文字のない小説」は以下の6タイトルがある。

  • Gods' Man (1929)
  • Madman's Drum (1930)
  • Wild Pilgrimage (1932)
  • Prelude to a Million Years (1933)
  • Song Without Words (1936)
  • Vertigo (1937)

このほかにウォードは彼の死の年まで制作を続けていた未完の「文字のない小説」をのこしている。その26枚の完成した木版(計44枚となるはずであった)は2001年に限定版で『Lynd Ward's Last, Unfinished, Wordless Novel』として出版されている。ウォードはまた子供向けの「文字のない小説」として『The Silver Pony』(白馬の馬、1973年)という作品も出版している。これは木版ではなく白黒にグレーの影をつけたペイント画である。

ドキュメンタリー[編集]

ウォードの業績を記念して、217フィルムスに所属するインディペンデントの映画製作者ミヒャエル・マグララスは、『O Brother Man: The Art and Life of Lynd Ward.』(2012年)と題するドキュメンタリーフィルムを制作した[7]。この作品ではウォードの娘であるロビン・ウォード・サビッジへのインタビューのほか、ウォードのキャリアから150におよぶ作品に焦点を当てている。この94分のドキュメンタリーは7時間のフィルムを編集しマグララスのナレーションをつけて作られており、ペン・ステイト・ユニヴァーシティ・ライブラリーズ、フォスター・オーディトリアムで2012年4月20日に上演され温かく迎えられた。ペン・ステイト・スペシャル・コレクション・ライブラリーはまたリンド・ウォードの資料の受け入れ先となり、ウォードの家族からの資料提供の受け入れを続ける模様である。

出典[編集]

  1. ^ 国書刊行会版 『狂人の太鼓』 見返し
  2. ^ a b c 牧眞司 「リンド・ウォードの最高傑作」 国書刊行会版 『狂人の太鼓』 付録冊子
  3. ^ "Lynd Ward." Authors and Artists for Young Adults. Vol. 80. Gale, 2009. Reproduced in Biography Resource Center. Retrieved 1 January 2010.
  4. ^ http://www.comic-con.org/cci/cci_eisners_11nom.php#nominees
  5. ^ Allen Ginsberg, Illuminated Poems, illus, Eric Drooker (New York: Four Walls, 1996), xii
  6. ^ 小野耕世 『世界コミックスの想像力』 青土社、2011年、58-59頁
  7. ^ 217Films

参考文献[編集]

  • リンド・ウォード 『狂人の太鼓』 国書刊行会、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]