リンディスファーンの福音書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『リンディスファーンの福音書』より、マタイによる福音書の序頁(27判右頁)

リンディスファーンの福音書(リンディスファーンののふくいんしょ、The Lindisfarne Gospels)は、マタイマルコルカヨハネによる福音書から成る手書きのラテン語装飾写本である。この写本はノーサンブリアリンディスファーン7世紀末から8世紀初頭にかけて製作され、『ヒベルノサクソンアート』もしくは『インシュラーアート』[1]と呼ばれるアングロサクソン様式とケルト様式が融合した英国特有の宗教芸術の最も素晴らしい例と見なされている。写本は(元の装丁は失われたものの)完全な状態で、長い歳月を考慮すると驚くほど保存状態が良い。

歴史[編集]

リンディスファーンの福音書は698年にリンディスファーン司教となり721年に亡くなった修道僧イードフリスによって筆写・装飾が行われ、エシルワルドが製本したと伝えられている。[2]今日の研究では製作年代は715年頃で、聖カスバートのチェルター・ル・ストリートへの移葬を記念して作られたと考えられている。 福音書は挿絵や装飾がふんだんに施されたインシュラー体で書かれており、8世紀当時は宝石と貴金属に覆われた上質な革で装丁されていた。リンデスファーンにバイキングが上陸した時期にその装丁は失われ、1852年に製本し直された。[3]

10世紀にこの福音書の古英語訳がなされた。チェスター・ル・ストリートの主席司祭アルドレッドによってラテン語の行間に逐語的な注釈がつけられたのである。[3]。これが英国初の英訳福音書となった。[3] 福音書はヘンリー8世の命令による修道院の解散時にダラム大聖堂から持ち出され、17世紀初頭に英国議会の書記官、トーマス・ウォーカーからロバート・コットンの手に渡り、18世紀には大英博物館に納められ、更にそこからロンドンの大英図書館に移された。[4]

装飾技法[編集]

カーペット・ページの一例

各福音書の間には抽象文様で埋め尽くされたページが配されている。このページは「カーペット・ページ」と呼ばれている。また、各福音書の冒頭部分に華やかな装飾が施されたイニシャルが描かれ、その後に本文が続くような形式になっている。各章の最終節は赤インクで書かれており、それに続く新たなイニシャル装飾部分から次章が始まる目印となるようにデザインされていた。

イニシャル文字の周囲や内側にはケルト的な線による装飾がなされている。線は複雑に絡み合い、その終端部分には鳥や動物を象った装飾で結ばれているのがしばしば見受けられる。デフォルメされた鳥は特に好んで用いられたモチーフである。イニシャル文字を含む冒頭の数文字の周囲を小さな赤いドット(ルーブリケーションと呼ばれる装飾)が取り囲んでいるのもこの福音書の特徴としてあげられる。ルーフブリケーションはイニシャルを取り囲むばかりでなく、それ自体も文様を描きだしていた。

彩色には顔料が用いられた。動物や鳥、幾何学文様、花文様などのモチーフは明るい青、緑、赤で彩られ、ピンクや紫による陰影が施された。金は用いられなかったが、鮮やかな黄色により装飾に彩りが添えられた。

今日の論議[編集]

イングランドの北東部に福音書を保管すべきだという運動が展開されているが、大英図書館の強硬な反対を受けている。[5]ダラム大聖堂、リンディスファーン、ニューカッスル・アポン・タインサンダーランドの博物館などを含む数カ所が収容場所として検討されている。[3]なお、ダラム大聖堂の保管所には福音書の複写版が保管されており、訪問者はそれを閲覧することができる。[3]

書籍[編集]

  • 丸善で完全復刻版(ファクシミリ版)が購入できる。約220万円ほか。

脚注[編集]

翻訳元

  1. ^ Celtic and Anglo-Saxon Art: Geometric Aspects Derek Hull, Published 2003 Liverpool University Press. ISBN 085323549X
  2. ^ Lindisfarne Gospels British Library. Retrieved 2008-03-21
  3. ^ a b c d e Let Gospels come home Sunderland Echo, 2006-09-22. Retrieved 2008-03-21
  4. ^ Time line British Library. Retrieved 2008-03-21
  5. ^ Viz creator urges gospels return BBC News Online, 2008-03-20. Retrieved 2008-03-21

出典[編集]

翻訳元

  • Calkins, Robert G. Illuminated Books of the Middle Ages. Ithaca, New York: Cornell University Press, 1983.
  • De Hamel, Christopher. A History of Illuminated Manuscripts. Boston: David R. Godine, 1986.
  • Walther, Ingo F. and Norbert Wolf. Codices Illustres: The world's most famous illuminated manuscripts, 400 to 1600. Köln, TASCHEN, 2005.
  • Brown, Michelle P., The Lindisfarne Gospels: Society, Spirituality and the Scribe. London: The British Library, 2003

参考文献[編集]

  • デイビッド・ハリス著『もっと知りたいカリグラフィー』小田原真喜子監修、弓狩直子訳、雄鶏社、1997年
  • ティモシー・ノード画、パトリシア・セリグマン文『装飾文字の世界』鶴岡真弓訳、三省堂、1996年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

翻訳元