リンダ・リングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンダ・リングル
Linda Lingle
Linda Lingle in March 2010.jpg
リンダ・リングル(2010年3月)
生年月日 1953年6月4日(61歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
出身校 カリフォルニア州立大学ノースリッジ校
所属政党 共和党
配偶者 チャールズ・リングル
ウィリアム・クロケット
サイン Linda Lingle signature.svg

ハワイ州知事
任期 2002年12月2日 - 2010年12月6日
テンプレートを表示

リンダ・リングル英語: Linda Lingle, 1953年6月4日 - )はアメリカ合衆国の政治家、第6代ハワイ州知事。旧姓はカッター(Cutter)。

経歴[編集]

ミズーリ州セントルイスに生まれ、12歳の時に家族とともに南カリフォルニアに引っ越した。カリフォルニア州レークバルボアのバーミンガム高校を卒業後、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校でジャーナリズムを学んだ。1975年の大学卒業後はハワイに移り、ホテル従業員組合の広報担当者を務めた。その後、マウイ郡モロカイに移り、ミニコミ誌『モロカイ・フリー・プレス』を発行して大成功を収めた。

1980年からマウイ郡議会議員(任期2年)を5期務め、1990年マウイ郡長に当選、1994年にも再選された。1998年のハワイ州知事選挙に共和党から立候補、民主党の現職候補ベンジャミン・カエタノ(フィリピン系)に挑戦したが敗れた。

その後共和党ハワイ支部議長となり、2002年の知事選では日系の民主党候補メイジー・ヒロノを激戦の末に破り、ハワイ州初の女性州知事として当選した。この知事選挙は女対女の一騎打ちとして全米の注目を集めた。またリングルはユダヤ教徒であり、ハワイ州最初のユダヤ系知事ともなった。州議会で民主党の勢力が盛り返す中、2006年の知事選でも勝利し2期8年を務めあげ2010年12月に州知事を退任した。

これまで2度結婚し、2度とも離婚に終わっている。最初の夫チャールズ・リングルとは大学時代に結婚したがハワイに来る前に別れており、リングル姓はその時のものである。その後マウイの弁護士ウィリアム・クロケットと再婚したが、郡長時代に別れている。子供はいない。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ベン・カエタノ
ハワイ州知事
2002年12月2日- 2010年12月6日
次代:
ネイル・アベクロンビー