リンゴ酸デヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.37
CAS登録番号 9001-64-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum

リンゴ酸デヒドロゲナーゼまたはリンゴ酸脱水素酵素(malate dehydrogenase, MDH)は、クエン酸回路リンゴ酸オキサロ酢酸へ、またはその逆の化学反応触媒する酸化還元酵素である。リンゴ酸脱水素酵素とリンゴ酸酵素(malic enzyme)は混同されやすいが、リンゴ酸酵素はリンゴ酸を脱炭酸してピルビン酸にする酸化還元酵素である。

(S)-リンゴ酸 + NAD+ \rightleftharpoons オキサロ酢酸 + NADH + H+

リンゴ酸デヒドロゲナーゼは糖新生にも関わっている。ミトコンドリア内ではピルビン酸カルボキシラーゼがピルビン酸に作用してオキサロ酢酸となりクエン酸回路の中間体となる。そして、オキサロ酢酸がミトコンドリアから出るためにリンゴ酸デヒドロゲナーゼによってリンゴ酸に還元される。ミトコンドリア外で再びリンゴ酸デヒドロゲナーゼによってオキサロ酢酸に酸化され、最終的にはホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ(PEPCK)によってホスホエノールピルビン酸に変換される。

アイソザイム[編集]

ヒトや他の多くの哺乳動物は以下の2種のリンゴ酸デヒドロゲナーゼを持つ。

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ1, NAD (水溶性)
識別子
略号 MDH1
Entrez 4190
HUGO 6970
OMIM 154200
RefSeq NM_005917
UniProt P40925
他のデータ
EC番号 1.1.1.37
遺伝子座 Chr. 2 p23
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ2, NAD (ミトコンドリア)
識別子
略号 MDH2
Entrez 4191
HUGO 6971
OMIM 154100
RefSeq NM_005918
UniProt P40926
他のデータ
EC番号 1.1.1.37
遺伝子座 Chr. 7 cen-q22

参考文献[編集]

  • Banaszak, LJ, Bradshaw RA (1975). “Malate dehydrogenase”. In Boyer PD. The Enzymes. 11 (3rd ed.). New York: Academic Press. pp. 369–396. 
  • Guha A, Englard S, Listowsky I (February 1968). “Beef heart malic dehydrogenases. VII. Reactivity of sulfhydryl groups and conformation of the supernatant enzyme”. J. Biol. Chem. 243 (3): 609–15. PMID 5637713. 
  • McReynolds MS, Kitto GB (February 1970). “Purification and properties of Drosophila malate dehydrogenases”. Biochim. Biophys. Acta 198 (2): 165–75. PMID 4313528. 
  • Wolfe RG, Nielands JB (July 1956). “Some molecular and kinetic properties of heart malic dehydrogenase”. J. Biol. Chem. 221 (1): 61–9. PMID 13345798. 

外部リンク[編集]