リンカーン・MKX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンカーン・MKX
後期型(フロント)
LINCOLN MKX front Tx-re.jpg
後期型(リア)
LINCOLN MKX rear Tx-re.jpg
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 3.5L V6 DOHC
最高出力 309ps/6500rpm
最大トルク 38.7kgfm/4000rpm
変速機 6速AT
駆動方式 FF/AWD
全長 4,735mm
全幅 1,925mm
全高 1,715mm
ホイールベース 2,825mm
先代 リンカーン・アビエーター
-自動車のスペック表-

リンカーン・MKXLincoln MKX )はアメリカのフォード・モーターが同社の高級車部門にあたるリンカーン・ブランドで製造・販売している中型高級クロスオーバーSUV (CUV) である。

概要[編集]

2005年に生産中止されたアビエーターの後継として2006年1月に開催された北米国際オートショーにて発表され、2006年12月に販売が開始された。前身のアビエーターがボディオンフレームシャシーの古典的なSUVだったのに対し、MKXではユニボディ構造のクロスオーバーSUVに生まれ変わっている。プラットフォームはフォードCD3プラットフォームを採用し、姉妹車フォード・エッジとはボディシェルも共有する。ボディタイプは5ドアのみ。Vista Roofと呼ばれる大きな面積のグラスサンルーフを持つことが特徴である。

エンジンはDuratec 35と呼称される新開発の3.5リッターV型6気筒DOHCを搭載。トランスミッションはGMと共同開発の6速フロアATのみが用意されている。

2010年1月には北米国際オートショーでフェイスリフトを受けた2011年モデルが発表された。エンジンは3.7リッターのDuratec 37に換装されている。

日本へはフォード・ジャパン・リミテッドにより2008年9月から正規輸入・販売が開始された。なお、日本仕様はナビゲーターと異なり、右側の死角確認用のサイドアンダーミラーの代わりに小型カメラを装着している。

名称について[編集]

  • 元々MKXはアビエーターの名称で販売される予定であった。2004年の北米国際オートショーではデザインコンセプトモデルが「アビエーター・コンセプト」の名称で発表されている。しかしフォードによってリンカーンブランドの戦略変更がなされ、生産型の発表時にMKXと改められた。現在のリンカーン車はナビゲータータウンカーを除き、全てMKではじまるアルファベット3文字の車名に統一されている。
  • MKXは「エムケイエックス」と発音する。2006年1月の北米国際オートショーで発表された当時は「マークエックス」と呼称されていたが、7月に呼称を「エムケイエックス」へと改めた。特に日本市場ではトヨタ・マークXが存在しているため、「マークエックス」の呼称のままであれば、日本導入時に商標登録上の問題により名称もしくは呼称の変更を余儀なくされた可能性が高い。
  • 2004年にはLincoln Mark Xというフォード・サンダーバードをベースに開発された2シーターオープンコンセプトカーが発表されているが、こちらの呼称は「マークテン(Xはローマ数字の10を意味する)」である。

関連項目[編集]