リヨン美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg リヨン美術館
施設情報
正式名称 Musée des beaux-arts de Lyon
来館者数 294 610 (2009)[1]
開館 1803年
所在地
20, place des Terreaux 69001 Lyon
位置 北緯45度46分01秒 東経4度50分01秒 / 北緯45.76694度 東経4.83361度 / 45.76694; 4.83361
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

リヨン美術館(Musée des Beaux Arts de Lyon)は、フランスリヨンにある美術館である。フランス国内でも規模の大きな美術館のひとつである。

沿革[編集]

リヨン美術館の建物は、かつてダム・ド・サン・ピエール王立大修道院として使われていた。フランス革命後に国内15の都市に絵画コレクションを設けるというジャン=アントワーヌ・シャプタルの政令を受け、この建物のなかに美術館が設けられる。1803年より絵画コレクションが一般に公開されるようになる。1914年には自然史博物館が、1935年には併設されていた美術学校が分離され、1921年にリヨンの歴史に関する作品はガダーニュ博物館へと移された。

コレクション[編集]

70の展示室には古代エジプト古代ギリシアの美術品、新古典主義ロマン主義の作家たちの彫刻、ゴシック様式の絵画から19世紀までのイタリア、フランス、オランダフランドルの作品、またリヨン派の作品等を所蔵している。大階段を囲む壁には、ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの手による壁画『芸術とミューズにとって愛しい聖なる森』が描かれている。庭園も整備されており、ロダンの彫刻等が配置されている。

参照[編集]

  1. ^ {{{1}}} (PDF) Muséostat 2009 sur Développement culturel, Ministère de la Culture et de la Communication. Consulté le 5 juillet 2011

外部リンク[編集]