リュー・チャーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リュー・チャーフィー(劉家輝、英名ゴードン・ラウ、1955年8月22日 - )、本名冼錦熙、中国広東省生まれ。1970年代末から1980年代の間、ショウ・ブラザーズカンフー映画で活躍し、監督も行った。

リュー・チャーフィーは劉湛の養子であり、彼の二人の実子ラウ・カーリョンおよびラウ・カーウィンとは血のつながりがない。劉湛が洪拳の名家林世榮(その師匠が黄飛鴻)の直弟子だったため、リュー・チャーフィーは幼いころよりラウ・カーリョンの厳格な武術指導を受けて育ち、その後のアクションスターの基礎を築いた。

略歴[編集]

リュー・チャーフィーは1955年に生まれ、幼い時から劉湛に師事した(しかし実際はラウ・カーリョンの指導を受けていた)。1971年に中学を卒業後、昼間は仕事をし、夜は劉湛の指導を受けた。

1973年、リュー・チャーフィーはラウ・カーリョン製作の映画『殺出重圍』に出演し、映画界に入った。その後、彼の紹介で張徹監督の率いる台湾の映画会社長弓電影公司に参加。しかしこのころ張徹監督はデビッド・チャンティ・ロンなど花形俳優を擁していたため、しばらくは重要な役どころが巡ってこなかった。1976年、彼は長弓電影公司での契約を終えて香港に戻り、義兄ラウ・カーリョンの監督する『ワンス・アポン・ア・タイム 英雄少林拳』で重要な役どころを演じるが、成功には至らなかった。1978年、『少林寺三十六房』にてようやくカンフースターの仲間入りを果たす。この映画は大成功を収め、この年の香港十大映画にノミネートされたのみならず、外国でも上映され、この映画により、彼のスキンヘッドと仏僧のイメージは世界中に広まった。

1980年代、カンフー映画ブームの衰退とショウ・ブラザーズの消滅により、彼はアクション映画で悪役を演じたり、テレビへと転身した。

2003年、彼はクエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』シリーズに出演し、パート1では悪役を、パート2では白眉の和尚役を演じている。

2011年9月、脳梗塞の発作を起こし その際、階段から転倒 その怪我で下半身不随になり現在では車椅子での生活を余儀なくされる。

作品[編集]

監督[編集]

監製[編集]

  • 妙探孖寶(1985)

武術指導[編集]

  • ガッツ・フィスト魔宮拳(一膽二力三功夫)(1980)
  • USA Ninja(1985)

出演作品[編集]

映画[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]