リュボミィル・リュボエビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュボミィル・リュボエビッチ
LjubomirLjubojevic10.jpg
リュボミィル・リュボエビッチ
本名 Ljubomir Ljubojević
セルビアの旗 セルビア
生誕 1950年11月2日(64歳)
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
獲得タイトル グランドマスター

リュボミィル・リュボエビッチ(Ljubomir Ljubojević、1950年11月2日 - )は、セルビアチェスプレーヤー。

経歴[編集]

ウジツェ出身。幼少時はサッカーの選手になりたくてサッカーに熱中していたが[1]を怪我したためチェスに転向した[1]1970年にインターナショナルマスターとなり、翌年にはグランドマスターとなった[1]

1970年代後半には同年輩のロベルト・ヒュブナードイツ)、エンリケ・メッキングブラジル)、ウルフ・アナスンスウェーデン)とともに「四羽烏」と呼ばれ[1]、当時世界チャンピオンだったアナトリー・カルポフからチャンピオンを奪うのはこの4人の中の誰かであるとまで言われた一流プレーヤーであった[1]。だがカルポフからタイトルを奪ったのは1980年代に入ってから台頭してきたガルリ・カスパロフであった。

ユーゴスラビアの解体後はセルビア・モンテネグロのプレーヤーとして、セルビア・モンテネグロの解体後はセルビアのプレーヤーとして活動。だが2015年現在、スペインに在住。

参考文献[編集]

  • 有田謙二 著 『チェス・マスター・ブックス 5 やさしい実戦集』 河出書房新社、1976年6月15日初版発行

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『やさしい実戦集』、43頁。