リュボスラフ・ペネフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュボスラフ・ペネフ Football pictogram.svg
Lyuboslav Penev 1.JPG
名前
本名 リュボスラフ・ムラデノフ・ペネフ
愛称 リュボ (Lubo)
ラテン文字 Lyuboslav Mladenov Penev
ブルガリア語 Любослав Младенов Пенев
基本情報
国籍 ブルガリアの旗 ブルガリア
生年月日 1966年8月31日(47歳)
出身地 ドブリチ
身長 188cm
選手情報
ポジション FW
代表歴
1987-1998 ブルガリアの旗 ブルガリア 62 (13)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リュボスラフ・ペネフЛюбослав Пенев1966年8月31日 - )は、ブルガリアドブリチ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW

経歴[編集]

1984年、18歳でCSKAソフィアのトップチームでデビュー。フリスト・ストイチコフエミル・コスタディノフトリフォン・イヴァノフらを擁したソフィアは、2度のリーグ優勝や3度カップ戦を制すなど多くのタイトルを獲得した。ペネフは、1988年に最優秀ブルガリア人選手に選ばれた。1989年からはリーガ・エスパニョーラに挑戦。バレンシアCFアトレティコ・マドリードSDコンポステーラセルタ・デ・ビーゴと4つのクラブに所属した。アトレティコ・マドリードでは、リーグ優勝とコパ・デル・レイを獲得した。そのシーズン、ペネフは44試合で22得点を挙げた。

1987年から1998年までブルガリア代表でプレーして、通算62試合に出場して13得点を挙げた。また、欧州選手権1996年1998年ワールドカップに出場した。FIFAワールドカップ4位という、ブルガリアサッカー史上最高の成績を残した1994年ワールドカップでは、フリスト・ストイチコフらとともに攻撃のキーマンとして期待されていたが、睾丸腫瘍を患ったために出場を断念した。

長身に加えてラガーマンを思わせる屈強な体格で、ストライカーとしての能力は勿論の事、味方を活かすプレーに長けていた。ロスタイムで出場権をもぎ取った94年W杯予選、フランスとの敵地・最終戦でのコスタディノフの劇的なゴールは、センターライン付近にいたペネフのポストプレーからの正確な縦パスを受けてのものであった。

ストイチコフ同様に気性の激しい一面があり、バレンシア在籍時には当時のロイグ会長との大喧嘩が報じられたことがあった。

引退後、2009年からは現役時代に所属したCSKAソフィアの指揮を執った。現在は、ブルガリア代表の監督をしている。

選手経歴[編集]

監督経歴[編集]