リュシー・オブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュシー・オブラック

リュシー・オブラックLucie Aubrac, 1912年6月29日 - 2007年3月14日)は、第二次世界大戦時のフランスにおける対独レジスタンス運動の活動家。 「対独レジスタンスの象徴」といわれた。

ブルゴーニュ地方出身のブドウ農家の子としてパリに生まれ、歴史学教師となった。第二次世界大戦中、対独レジスタンスの結成に参加。リヨンを拠点に活動し、ナチスに捕らえられた夫レイモン・オブラックを4カ月がかりで救出した(映画『リュシー・オブラック』(監督クロード・ベリ、出演キャロル・ブーケ)では、その救出劇が描かれている)。

2007年、パリ近郊イシー=レ=ムリノーの病院で死去。94歳。 葬儀委員長はシラク大統領が務めた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]