リュウキュウヨシゴイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュウキュウヨシゴイ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
亜科 : サンカノゴイ亜科 Botaurinae
: ヨシゴイ属 Ixobrychus
: リュウキュウヨシゴイ
I. cinnamomeus
学名
Ixobrychus cinnamomeus
(Gmelin, 1789)
和名
リュウキュウヨシゴイ
英名
Cinnamon bittern

リュウキュウヨシゴイ(琉球葦五位、学名:Ixobrychus cinnamomeus)は、動物界脊索動物門鳥綱コウノトリ目サギ科ヨシゴイ属に分類される鳥。

分布[編集]

インドインドネシアカンボジアシンガポールスリランカタイ中華人民共和国南部、台湾日本ネパールバングラデシュフィリピンブルネイベトナムマレーシアミャンマーラオス

地域によっては冬季に南下して越冬する。日本では奄美群島以南の南西諸島に周年生息する(留鳥)。埼玉県和歌山県島根県伊豆諸島火山列島等でも記録がある。

形態[編集]

全長38-40cm。

オスは背面が赤褐色、腹面は淡褐色の羽毛で覆われる。下顎の羽毛は白く、下顎から胸部にかけて明瞭な褐色の縦縞が1本入る。メスは背面が褐色、腹面が白い羽毛で覆われる。背面には白い斑点が入る個体もいる。下顎から胸部にかけて褐色の縦縞が複数入る。虹彩の色は淡黄色から薄い赤色まで様々に変化し、後方は黒く瞳孔とつながっている。脚は緑黄色である。

生態[編集]

湿地水田等に生息する。単独、またはつがいで生活している。ヨシゴイと比べると開けた場所に生息していることが多い。

食性は動物食で、魚類両生類爬虫類甲殻類昆虫類等を食べる。

繁殖形態は卵生。通常、雌雄協同でヨシ等の茎の間にヨシ等を組み合わせた皿状の巣を作るが、水辺の低木に営巣することもある。日本では5-9月に1回に3-4個の卵を産む。雌雄で交代して抱卵する。育雛も雌雄協同で行う。

鳴き声は、「ココココ」「オー オー」「クエッ」など。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、131、230頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社1986年、180頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、22頁。
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社
  • 高野伸二他 『山溪カラーガイド 日本の野鳥』、山と溪谷社
  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、38頁

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「リュウキュウヨシゴイ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類