リュウキュウツバメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュウキュウツバメ
リュウキュウツバメ
リュウキュウツバメ Hirundo tahitica
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ツバメ科 Hirundinidae
亜科 : ツバメ亜科 Hirundininae
: ツバメ属 Hirundo
: リュウキュウツバメ H. tahitica
学名
Hirundo tahitica Gmelin, 1789
和名
リュウキュウツバメ
英名
Pacific swallow

リュウキュウツバメ(琉球燕、Hirundo tahitica)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類されるツバメ。

分布[編集]

インド南部、インドネシアオーストラリアカンボジアソロモン諸島中華人民共和国台湾)、トンガ日本バヌアツパプアニューギニアフィジーフィリピンブルネイベトナムマレーシアミャンマー

日本では奄美大島以南に周年生息(留鳥)するが、分布は局地的で生息しない島もある[1]屋久島での観察記録がある[2]ほか、種子島トカラ列島中之島では繁殖記録がある[1]

形態[編集]

全長13-14cm。尾羽は短い。上面は光沢のある黒、下面は淡褐色や灰褐色の羽毛で覆われる。額、喉から上胸はオレンジ色の羽毛で覆われる。尾羽基部の下面(下尾筒)には黒褐色の鱗状斑が入る。尾羽下面には白い斑紋が入る。下雨覆は暗灰色。

嘴の色彩は黒い。

幼鳥は全身の色彩が褐色みを帯び、額や喉の色味が淡い。

分類[編集]

11亜種に分かれるとされる。

  • Hirundo tahitica tahitica Gmelin, 1789 - など

生態[編集]

海岸河川、農耕地などに生息する。留鳥とされているが、冬季に個体数が増減する地域があるため、一部は小規模な渡りをしていると考えられる[1]

食性は動物食で、主に昆虫を食べる。飛翔しながら口を大きく開け、獲物を捕食する。

繁殖形態は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する事もある。断崖や洞窟、民家の軒下、橋桁などに土と枯れ草を固めた皿状の巣を作り、日本では1回に4-5個の卵を産む。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大西敏一 「ツバメ・モノグラフ」『BIRDER』26巻5号、文一総合出版、2012年、13頁
  2. ^ 濵田知宏・阿部司 「屋久島におけるリュウキュウツバメHirundo tahiticaの観察記録」 『日本鳥学会誌』 56巻1号、2007年、63-64頁

参考文献[編集]

  • 安部直哉 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』、山と渓谷社2008年、233頁。
  • 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』、文一総合出版2004年、134頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科8 鳥III』、平凡社1986年、32、35、152頁。
  • 高野伸二編 『山渓カラー名鑑 日本の野鳥 特装版』、山と渓谷社、1985年、386頁。
  • 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、218-219頁。
  • 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、46、230頁。
  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、410頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、83頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「リュウキュウツバメ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類