リュウキュウコノハズク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュウキュウコノハズク
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svgワシントン条約付属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フクロウ目 Strigiformes
: フクロウ科 Strigidae
: コノハズク属 Otus
: リュウキュウコノハズク
O. elegans
学名
Otus elegans
(Cassin, 1852)
和名
リュウキュウコノハズク
英名
Ryukyu scops owl

リュウキュウコノハズク(琉球木葉木菟、学名Otus elegans)は、フクロウ目フクロウ科コノハズク属に分類される鳥。

分布[編集]

台湾蘭嶼)、日本奄美大島以南)、フィリピンバタン島

日本では周年生息(留鳥)する。

形態[編集]

全長22cm。全身には黒褐色の虫食い状の斑紋が入る。上面は灰褐色の羽毛で覆われる。下面は淡い赤褐色の羽毛で覆われ、細くて短い縦縞が入る。頭部や胸部の羽毛は赤褐色みを帯びる。頭部には小型の耳介状の羽毛(羽角)がある。

虹彩は黄色。趾は羽毛で覆われない。

分類[編集]

本種は独立種として記載されたが、その後は長くコノハズクの亜種とされていた。近年は囀りが異なることなどから独立種とする説が有力だが、コノハズクやセレベスコノハズクの亜種とする説もある。

生態[編集]

平地から山地にかけての森林に生息する。

食性は動物食で、昆虫クモなどを食べる。

亜種[編集]

  • O. e. elegans (Cassin, 1852) - リュウキュウコノハズク
  • O. e. calayensis McGregor, 1904 - カラヤンコノハズク
  • O. e. interpositus Kuroda, 1923 - ダイトウコノハズク
  • O. e. botelensis Kuroda, 1928 - ランユウコノハズク

脚注[編集]

  1. ^ 【鳥類】環境省第4次レッドリスト(2012)<分類群順> (PDF)”. 環境省 (2012年8月28日). 2012年9月9日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「リュウキュウコノハズク」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類