リム・スイキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リム・スイキン林水鏡Liem Swie King1956年2月28日 - )は、インドネシアバドミントン選手。

概要[編集]

幼いころから、家族の影響でバドミントンを始めたリムは、父の指導を受け、バドミントン技術の基礎を固めた。

1975年、リムは若くして国際大会で優勝し、次第にインドネシアのエースの地位を手にしていく。1978年全英オープンアジア競技大会で優勝し、黄金期を迎えはじめる。そして、1979年1981年の全英オープンでも優勝し、1980年1983年世界選手権で準優勝。

リムはシングルスだけでなく、ダブルスも非常に優れている。トマス杯では数度単複を兼任し、インドネシアを優勝へ導いた。

インドネシアでは、リムは国民的スターであった。

2002年にバドミントン殿堂入りを果たした。[1]

プレースタイル[編集]

リムは体格的には標準で、それほど身長も高くないが、持久力、瞬発力とも優れ、フットワークは驚くほど速い。また、相手を一発で仕留めるジャンピングスマッシュは驚異的であり、そのためリムは「破壊王」とも呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ Awards - Hall of fame, InternationalBadminton.org